ワクワクメールでモデル顔のイケメン男子が童貞を卒業した体験談

ワクワクメールでモデル顔のイケメン男子が童貞を卒業した体験談

 

このページでは、ワクワクメール(ワクメ)で出会った、モデル顔のイケメン男子が、童貞を卒業した、記念すべき体験談を、内緒で公開します。

 

ワクワクメール モデル顔のイケメン童貞
ワクワクメール モデル顔のイケメン童貞 ファーストメール

「おはようございます。はじめまして。どんな人探してましたか?良かったらメールだけでもしてみませんか?」

 

ファーストメールは、こんなかんじです。

 

添付されてきた写真は、モデル顔のイケメンでした。

顔は、10点中7点ってトコです。

 

♂「おはようございます。はじめまして」

♀「はじめまして。朝早いんですね」

♂「どんな人探してましたか?」

♀「特に決まってないです」

♂「良かったらメールだけでもしてみませんか?」

♀「いいですよ」

 

とりあえず、メールしてみることにしました。

直メのやり取りに移行です♪

 

ワクワクメール モデル顔のイケメン童貞 Gmail

「ワクワクメールの○○です。メールアドレスを教えていただきどうもです。住み近いですね~。もしかしたら、どこかであってるかもしれませんね♪○○さんは休日は何をされてますか?」

 

モデル顔の〇〇クンに、グーグルのGmailを教えました。

 

♂「ワクワクメールの○○です。メールアドレスを教えていただきどうもです」

♀「モデル顔でイケメンの〇〇クンだね///」

♂「住み近いですね~。もしかしたら、どこかであってるかもしれませんね♪」

♀「そうだね」

♂「○○さんは休日は何をされてますか?」

♀「休日はおうちでマッタリ過ごすことが多いです」

 

ワクワクメール モデル顔のイケメン童貞 Gmail

「○○さん、どうもです。お綺麗ですよね。肌のきめ細かさが、違う…なんて笑。子犬カワイイですね。はい、撮りましたよ。見れたもんじゃないので、すぐに消してくださいね笑」

 

♂「○○さん、どうもです」

♀「どういたしまして」

♂「お綺麗ですよね。肌のきめ細かさが、違う…なんて笑」

♀「そんなことないよ///」

♂「子犬カワイイですね」

♀「サルって言うんですよ」

♂「はい、撮りましたよ。見れたもんじゃないので、すぐに消してくださいね笑」

♀「やっぱりイケメンですね///」

 

髪の長さと色が違うけど、顔は同じで、イケメンでした///

サイトメで添付されてきた写真は、たぶん、若い時の写真です。

 

ワクワクメール モデル顔のイケメン童貞 Gmail

「はい、大丈夫ですよ。何時にします?僕は何時からでもいいですよ。○○さんに合わせます」

 

私の方から、ご飯デートに誘ってみました。

 

♂「はい、大丈夫ですよ」

♀「楽しみだね♪」

♂「何時にします?僕は何時からでもいいですよ。○○さんに合わせます」

♀「えーっと…何時にしよう…」

 

平日、仕事が終わったあと、一緒に、ご飯を食べに行くことになりました。

〇〇駅前のコンビニで、待ち合わせです♪

 

ワクワクメール モデル顔のイケメン童貞 待ち合わせ

 

〇〇クンより、早く着いた私は、「着いたよ」ってメールをして、彼を待ちます。

すぐに、「着きました。外でタバコ吸ってます」って、メールがきて…

 

コンビニの前で、タバコを吸っている男子が一人。

私は、コンビニを出て、「○○クン?」って、声をかけます。

 

そしたら、彼が、初めて、こっちを向いてくれて…

 

♂「あ、どうも…はじめまして」

♀「はじめまして///」

 

目が合ったと思ったら、すぐに目線をそらして、タバコを吸う〇〇クン。

 

♀「どこに食べに行こっか?」

♂「そうですね」

♀「どこか行きたいトコとかあるかな?」

♂「そうですね」

♀「お酒好きだったよね?」

♂「はい。そうですけど」

♀「居酒屋でもいい?」

♂「はい。いいですよ」

 

あまり乗り気じゃない様子の彼。

 

メールとは違った、よそよそしい態度に、少し不満を持ちつつも、

私は、顔には出さずに、一緒に並んで歩きます。

 

♀「ここは…どうかな?」

 

前に何度か行ったことのある居酒屋の前で、足を止めた私。

 

♂「いいですよ」

 

まだまだ、受け身の姿勢をくずさない彼。

お酒でも入れば、なんとかなるだろうと思ったんです。

 

居酒屋に入ります♪

 

ワクワクメール モデル顔のイケメン童貞 居酒屋デート

 

モデル顔の〇〇クンと、居酒屋デートです。

 

〇〇クンと私は、二人掛け用のテーブル席に案内されて、席に着きます。

すぐに、オーダーをとりに、店員さんがやってきて…

 

♀「とりあえず、生ビールでいいかな?」

♂「いいですよ」

♀「生ビール二つ…若鳥のから揚げ、四川風炒飯、揚げ出し豆腐に、それから」

♂「・・・」

♀「何も注文しないの?」

♂「えっと…」

 

メニューを見て、アレコレぶつぶつとつぶやく、〇〇クン。

どうやら、何を注文するか、悩んでいるみたいです…

 

店員「とりあえず、以上でよろしかったですか?」

♂「・・・」

♀「はい」

 

すると、そそくさと、店員さんは行ってしまいます。

なんだか、少し、気まずい雰囲気になりました…

 

それから、すぐにビールが運ばれてきて、乾杯です♪

 

♀「〇〇クン…居酒屋とかあまり来たことがないの?」

♂「いや…けっこう来ますよ」

♀「ここは初めてなんだ」

♂「そうですね…なんかすいません」

♀「えっ?」

♂「ちょっと…緊張し過ぎて…」

 

よく見たら、〇〇クンの顔が、赤くなっていました///

 

お酒を飲んだばかりだから、これは酔いのせいではないです。

照れて可愛い、〇〇クンに、胸がキュンとします。

 

それから、〇〇クンと、過去の恋愛の話しをします。

〇〇クンは、童貞で、初体験はまだみたいでした。

 

時間は、あっという間に過ぎていって、

もう、ラストオーダーの時間になって…

 

♀「ホテル行こう?伝票とって。私、払うから」

♂「いや、僕が払います」

♀「さっきは、ちょっと…言い過ぎたから…」

♂「いや、ほんといいんですよ…」

 

居酒屋の会計は、私の奢りです。

理由は、ちょっと、ここには書けません///

 

ラブホテルに移動です♪

 

ワクワクメール モデル顔のイケメン男子 童貞卒業

 

童貞の〇〇クンと、ラブホテルにチェックインです///

 

♀「ラブホテルに行くのは、初めてなのかな?」

♂「いや…友達と飲み会で…」

♀「合コン?」

♂「そんなかんじです…」

 

♀「部屋はここか、ここだけだね。どっちがいいかな?」

♂「さっき奢ってもらったんで、僕が払います」

♀「別に無理しなくていいよ」

 

〇〇クンが、ボタンを押して、料金を精算します。

フロントで鍵を受け取って、私を案内してくれます。

 

〇〇クンに案内されたのは、南の島を思わせるような、ハワイアンなお部屋でした。

とこ夏気分に、気分がウキウキします///

 

♀「一緒に入ろっか?」

♂「…マジですか?」

♀「女の子と一緒にシャワー入ったことないでしょ?」

♂「…はい」

♀「これも経験のうちだよ」

 

私は、服を脱いで、下着一枚になります。

ところが、ここで後悔します。

 

〇〇クンに、脱がせる経験をさせたかったんです。

後悔ちん○立たずですね(笑)

 

♀「ほら、脱いで」

♂「…いや、ちょっと///」

 

〇〇クンは、目線をそらして、立ちんぼです。

〇〇クンの、ウブな姿に、胸がキュンとします。

 

私は思わず、〇〇クンに、後ろから抱き着いてしまって…

 

胸を、背中に押し付けながら、耳元に、フーッって息を吹きかけて、

赤くなった可愛いお耳に、キスをします。

 

〇〇クンが、身体を震わせて、感じます。

後ろから、〇〇クンのアソコに触れると、すっごく、カタくなっていて…

 

♀「クスッ。さっきからずっと…カタくなってたでしょ?」

♂「…は、はぃ」

♀「おちん○ん…おっきいね///」

♂「…○○さん!」

 

〇〇クンが、こっちを向いて、抱き着いてきます。

 

下着一枚の私に、抱き着いてきて、

カタくなったアソコを、グイグイ、押し付けてきて…

 

そのままベッドの方まで、よちよち歩き。

 

いったんカラダが離れたと思ったら、私の唇にキスをします。

舌を絡めての…唇の奪い合いです///

 

片手を背中に、もう片方の手で、ひざの裏をすくわれて、

横抱きにされて、そのまま、ベッドイン♪

 

♀「このまましよっか///」

 

〇〇クンは、カチャカチャと、お漏らしを我慢してたときみたいに、

ズボンとパンツを脱ぎ捨て、おちん○んがブルンッブルンッ♪

 

どこから持ってきたのか、コンドームを付けます。

 

私の濡れたパンツを、スルッとずらして、

半脱ぎのまま、両手で、両脚を持ち上げて…

 

♂「じゃあ…いきますよ!」

 

〇〇クンのアソコが、私のお膣に、にゅるるん♪

〇〇クンの童貞卒業の瞬間です///

 

♀「○○クン、童貞卒業おめでとう」

♂「…はぃ、○○さんのナカ、、すごく、ぁったかぃです…」

 

〇〇クンに、ねっとり、絡みつく私。

 

カリが、Gスポット、そしてコリコリに擦れるたびに、

私のお膣が、キュンとしちゃいます///

 

キュンキュン、弛緩・収縮を繰り返す、私の膣ツボ。

突起がたくさん出てきて、〇〇クンを優しく包み込みます。

 

♂「ぃ…イキそうです」

♀「ぅン…イッていいよ…」

 

狂ったように、腰を振って、

パンパン、肉唇にぶつかる、〇〇クン。

 

〇〇クンのおちん○んが、子宮の奥まで、ビンビン響いてきて…

 

♂「○○さん!」

 

接合部を、ピタッと、密着させて、

私の両脚を、強くつよく抱きしめる、〇〇クン。

 

モデル顔のイケメン男子が童貞を卒業しました///

 

今回の彼と出会った、大人の出会い系マッチングサイトは、ワクワクメールです

ワクワクメール

おすすめ度★★★★★
創業2001年~
会員数750万人超
料金体系男性:メッセージ送信1通50円相当
女性:完全無料
初回無料ポイント会員登録:500円分
年齢確認:500円分
メールアドレス登録:200円分
合計:1200円分
メッセージ送信24回分に相当
法令遵守インターネット異性紹介事業 届出・認定済み
認定番号 96090001000
ベテランユーザーの評価マッチング実績1000万組突破。
マッチング実績が多いのが魅力。
会員登録方法
  1. 電話番号登録
  2. 年齢確認
  3. メールアドレス登録(任意)
公式サイト

コメント