PCMAXでおじさんとアナルSEXをした体験談

PCMAXでおじさんとアナルSEXをした体験談

 

このページでは、PCMAX(ピーシーマックス、ピシマ)で出会ったおじさんとアナルSEXをした体験談を内緒で公開します。

 

PCMAX おじさん
PCMAX おじさん ファーストメール

「はじめまして。今年の4月から、○○に住んでいます。ゴルフとお酒が大好きです♪良かったらメールでもしたいなと思いました。宜しくお願いします」

 

ファーストメールは、こんなかんじです。

 

プロフィール写真は、どこにでもいる普通のおじさんです。

 

♂「はじめまして。今年の4月から、○○に住んでいます」

♀「私の住んでいるトコと同じだね」

♂「ゴルフとお酒が大好きです♪」

♀「完璧、おじさんだね///」

♂「良かったらメールでもしたいなと思いました」

♀「いいですよ」

♂「宜しくお願いします」

♀「こちらこそです」

 

今年の4月にこっちに来たんだね。

直メのやり取りに移ります♪

 

PCMAX おじさん Gmail

「PCMAXの○○です。○○さんは休日は何をされて過ごしていますか?私はゴルフが多いですね」

 

PCMAXの〇〇さんに、グーグルのGmailを教えました。

 

♂「PCMAXの○○です」

♀「ゴルフとお酒が大好きな〇〇さんだね」

♂「○○さんは休日は何をされて過ごしていますか?」

♀「私は休日はおうちでマッタリ過ごすことが多いです」

♂「私はゴルフが多いですね」

♀「ほんとにゴルフが大好きなんだね///」

 

PCMAX おじさん Gmail

「そうですか~休日は、家でマッタリ過ごすのもいいですよね。ちょっと気になったのですが、○○さんは、友達探しでサイト使ってるかんじですか?」

 

♂「そうですか~休日は、家でマッタリ過ごすのもいいですよね」

♀「たまにゴルフしたくなります」

♂「ちょっと気になったのですが、○○さんは、友達探しでサイト使ってるかんじですか?」

♀「セックスフレンドって意味では…そうですね///」

 

PCMAX おじさん Gmail

「実は、同じ状況です(笑)そんな会話がない状態ではないけど、上手くいってなくて。なんか楽しく過ごせる時間がほしいなーって思って」

 

♂「実は、同じ状況です(笑)」

♀「そうなんですか?」

♂「そんな会話がない状態ではないけど、上手くいってなくて」

♀「奥さんとうまくいってないんですね」

♂「なんか楽しく過ごせる時間がほしいなーって思って」

♀「そこは私も同じです」

 

PCMAX おじさん Gmail

「日曜日なんてどうですか?明後日だから、ちょっと急かな~来週でも、大丈夫ですよ」

 

♂「日曜日なんてどうですか?」

♀「ちょっと複雑です」

♂「明後日だから、ちょっと急かな~来週でも、大丈夫ですよ」

♀「日曜日しか無理なんですね。分かりました」

 

日曜日はおうちでゆっくりしたかったんですけど、しょうがないです。

日曜日のお昼に、何某駅で、待ち合わせです♪

 

PCMAX おじさん 待ち合わせ

 

〇〇さんが、スマホを片手に、駅のエレベーターのところで、待ってました。

私に気が付くと、シワのある目をパチクリさせて、私に話しかけてくれて…

 

♂「○○さんですか?」

♀「はい///」

♂「いやいや!初めまして!○○ですよ」

♀「初めまして///」

♂「○○さん、それにしてもおキレイですね。どこかのアイドルグループにいそうな」

♀「///」

 

それから立ちんぼで、地元の話しとか、世間話しをしました。

〇〇さんはホントおしゃべりで、私はうんうん、うなずいているばかりでした。

 

このままここで話すのもアレなので、私はこう言ったんです。

 

♀「そろそろ行きませんか?」

♂「うん?そうだね…」

♀「じゃあ、ホテル行こっか///」

♂「・・・」

 

そしたら、〇〇さんの表情が、一瞬、固まって・・・

 

♂「○○さん、今、スゴイこと言った?」

♀「ふふっ///…嫌かな?」

♂「ううん。嫌じゃないよ」

♀「うん。じゃあ、行こうよ♪」

 

今思い返すと、ちょっと大胆過ぎたかなーって思います///

場面は、ホテルに移ります♪

 

PCMAX おじさんとアナルSEX

 

〇〇さんと、ラブホテルに行きました///

 

ホテルまでの道中、〇〇さんは、まだまだ世間話を続けます。

当たり障りのない話しを、淡々と続けるのが、得意みたいです。

 

私はうんうん、うなずいているだけなのに、不思議と緊張感もなくて…

 

多分、〇〇さんのおかげです。

〇〇さんのさりげない気遣いに、心がほっこりしました。

 

♂「私が先に入ってもいいかな?」

♀「いいですよ」

♂「じゃあ行ってくるね」

 

そう言って、〇〇さんは、シャワーを浴びに行きました。

 

それから私は、放置プレーで、一人エッチです///

電マをアソコに当てて、ブインブイン遊んでいると、〇〇さんがニョキッと出てきて…

 

♂「あれあれ、一人でおま○こかな?」

♀「だって、○○さん、シャワー遅いんだもん…」

 

電マのスイッチを切って、シャワーに向かうと…

 

♂「いや~シーツ、ビショビショだね。このままする?私は気にしないよ」

♀「うーん…」

♂「むしろ、ちょっと、汗かいてたほうが・・・興奮するんだよ!」

 

おじさんが、後ろからいきなり抱き着いてきます。

 

私のおっぱいを、両手で、ムギュってして、

私のお尻に、股間をスリスリ押し付けます。

 

私は、何も抵抗できずに、

おじさんのなすがままに、ベッドにうつ伏せに組み敷かれて…

 

私のスカートの中に、頭を突っ込んで、

私のお尻に、プニュンって、顔を埋めて…

 

鼻で、アナルを、グリグリ、クンクン。

お尻の穴の匂いをかぐ、変態おじさん。

 

♂「ああ、この匂いがいいんだよ…」

♀「変態」

 

すると、おじさんは、私のパンツを、スルッと脱がして、

両手で、生尻をわしづかみにします。

 

そして、なんと、、私のアナルをペロペロ舐め始めたんです。

今朝ウンチしてきて、まだ洗っていないアナルを舐めるなんて…

 

舌先を、菊門にねじ込んで、出し入れする、アナル大好きおじさん。

不覚にも、私はアナルで感じてしまいます///

 

でも、同時に、危機感を感じていて、なんとかしなきゃって思って、

お尻を突き上げて、おじさんの顔面に、ヒップアタックしたんです(笑)

 

♀「変態ッ!!・・・汚いから、他のトコ舐めないでね」

♂「いや・・・その・・・」

♀「もう、普通に楽しめないよ…」

♂「ゴメン…なさい」

 

そしたら、おじさんは、正気に戻って、目をパチクリさせて…

 

こうなってしまっては、普通のSEXは楽しめないって思いました。

 

♀「おじさん、アナルSEXが好きなの?」

♂「うん、ゴメンね。変なトコ舐めて」

♀「汚いから、口、近付けないでね」

♂「うん、ゴメン。おじさん目が覚めたよ。もう帰ろうかな」

 

私はカバンから、自家製ローションを取り出します。

 

そして、枕元にあった、格安コンドームの袋をやぶって、

コロコロのばして、二本指につけたんです。

 

ローションを、たっぷりと、ゴム指につけて、

自分のお尻の穴を、ほじくり回して…

 

♀「ここに入れたんでしょ?」

♂「○○さん?」

♀「ほら、おじさんも、ゴムとローションつけて」

 

自分の肛門に指を突っ込んで、クチュクチュ、アナルをほぐす私。

 

ディルドで、アナルオナニーは、よくするけど、

リアルで、アナルSEXは、ほとんどしないです。

 

私のアナニーを見て、おじさんのアソコが、ムクムク。

ゴムゴム、コロコロ、ゴムぱっちん♪

 

私の自家製ローションを、たっぷりつけて、

クチュクチュのトロトロになった、おじさんのアソコと、私のアナル。

 

♂「入れてもいいかな・・・おじさん、、もう、待ちきれないよォ…」

♀「ぅん。ローションつけながら、ゆっくり、、優しくね」

 

ねっとりしたアソコが、私のお尻の穴に、にゅるるん♪

 

クチュクチュほぐした、やわらか肛門。

グニャグニャうねる、ねっとり直腸。

 

♂「ぁあ・・・○○さんのアナル、ㇲっごい、ゃわらかくて、ㇶ持ちぃよォ…」

♀「クスッ」

 

肛門から、くすぐったいような、かゆいような、快感が背筋に走るんです。

おじさんの先っちょが、腸内カーブに当たって…

 

♂「全部入った・・・おじさんのおちん○んが、、○○さんのうんち穴に入ってるよ」

♀「…ぅん」

♂「この一体感が、タまらないんだ…」

♀「うん、、ぁ・・」

 

継続的に、背筋から脳内に込み上げる快感。

コレが、アナル特有の快感なんです。

 

思わず、括約筋に力が入って、

クチュクチュ肛門、けつアナルが、キュンッ♪

 

くにゅんと、根本を締めつける、ピンクの肛門。

ねっとり、竿に絡みつく、ピンクの腸壁。

 

♂「ㇲっごい締め付けだょ・・・ぁあ、、気持ちぃ…おじさん動くよ」

♀「…ぅん、、優しくね」

 

ゆっくり、スライドする、おじさん。

スライドで、私の自家製ローションと腸液が混じって、出し入れがスムーズになって…

 

おじさんのが出たり、入ったり・・・

 

出し入れの快感が、うんちが出るときの快感と重なって、

私のアソコが、キュンとしてきて…

 

♂「ぁあ、、おじさん、ィっちゃいそうだヨ・・・」

♀「ぅン…」

 

ドピュピュン♪

 

衛生面を気にして、アナルはめったにしないんですが、ヤッてしまいました…

 

アナニーは、毎日のようにするんですけどね///

 

久しぶりのアナルSEX、気持ちよかったです///

 

今回の彼と出会った、大人の出会い系マッチングサイトは、PCMAXです

PCMAX

おすすめ度★★★★★
創業2002年~
会員数1200万人超
料金体系男性:メッセージ送信1通50円相当
女性:完全無料
初回無料ポイント会員登録:500円分 → 300円分
年齢確認:500円分 → 300円分
合計:1000円分 → 600円分
メッセージ送信12回分に相当
2018/11/12/12:00~:初回登録サービスポイントの変更
これ以上お得な会員登録方法は存在しない
法令遵守インターネット異性紹介事業 届出認定済み
東京都公安委員会認定番号:30120128007
ベテランユーザーの評価ユーザビリティーがしっかりしているので、使いやすさはダントツ。
運営は良心的で、サポートも充実。
会員登録方法
  1. 電話番号登録・メールアドレス登録
  2. 年齢確認
公式サイト

コメント