PCMAXで欲求不満でやばい男子と仕事帰りに会ってエッチしてきた体験談

PCMAXで欲求不満でやばい男子と仕事帰りに会ってエッチしてきた体験談

 

このページでは、PCMAX(ピーシーマックス、ピシマ)で出会った欲求不満でやばい男子と、仕事帰りに会って、エッチしてきた体験談を、内緒で公開します。

 

PCMAX 欲求不満でやばい男子 ファーストメール

「とりあえず欲求不満でやばい2×歳です笑。同じ○○住みなんで、良かったら仲良くしてください!いきなりすいません、、笑」

 

ファーストメールは、こんなかんじです。

 

♂「とりあえず欲求不満でやばい2×歳です笑」

♀「すごい自己紹介だね///」

♂「同じ○○住みなんで、良かったら仲良くしてください!」

♀「うーん…」

♂「いきなりすいません、、笑」

♀「ちょっと待ってね…」

 

仕事中だったので、ちょっと返事が遅れました。

直メのやり取りに移行です♪

 

PCMAX 欲求不満でやばい男子 Gmail

「PCMAXの○○です!写メありがとうございます!笑 ぜひ仲良くなりたいです笑 最近欲求不満で刺激が欲しいです、、笑 今から会えますか?車で迎えに行きますよ!笑」

 

PCMAXの〇〇クンに、グーグルのGmailを教えました。

 

♂「PCMAXの○○です!」

♀「欲求不満でやばい〇〇クンだね///」

♂「写メありがとうございます!笑 ぜひ仲良くなりたいです笑」

♀「なんで笑うの?」

♂「最近欲求不満で刺激が欲しいです、、笑 今から会えますか?車で迎えに行きますよ!笑」

♀「仕事中だから、ちょっと待ってね…」

 

仕事帰りにそのまま会う約束をしました。

何某サンクスで、待ち合わせです♪

 

PCMAX 欲求不満でやばい男子 待ち合わせ

 

仕事が終わって、そのまま、待ち合わせのコンビニに向かいます。

コンビニの前は、人だかりができてて、ちょっと嫌なかんじでした。

 

「着いたよ。立ち読みしてるね」って、〇〇クンにメールして、

ちょっと気まずい中、〇〇クンを待ちます。

 

すぐに、ピカピカの赤いKが、コンビニの前に止まって、

〇〇クンから、「着きました!」って、メールが来ました。

 

人だかりが、〇〇クンの車を、物珍し気に見ています。

「どうしよう///」って思って、スマホをいじっていると…

 

〇〇クンが、赤い車から出てきて、

コンビニの中に入って来て、そして…

 

♂「○○です。○○さんですよね?」

 

コンビニに入ってすぐ、私に声をかけてきた、〇〇クン。

私は、コンビニの外にいる、人だかりを気にしつつも、うんうん、うなずきます。

 

♂「初めまして。車、外に止めてるんで、行きましょう」

 

私の様子を気にしつつ、コンビニの外に出た、〇〇クン。

〇〇クンと、ちょっと距離を置きつつ、私も外に出て…

 

人だかりの注目を浴びつつ、〇〇クンの赤い車にインします。

「なんで赤なの///」って、恥ずかしい思いをしながら、助手席のドアを閉めました。

 

赤くて、しかもピカピカで、恥ずかしかったです///

 

赤は、欲求不満の色ですよね。

ピカピカのフラストレーション全開です♪

 

PCMAX 欲求不満でやばい男子 ラブホテル エッチ

 

欲求不満でやばい〇〇クンと、ラブホテルに行きました///

 

♀「○○クン、先にシャワー入る?」

♂「○○さんッ」

 

〇〇クンが、部屋に入るなり、いきなり抱き着いてきます。

 

♀「ちょっと///」

♂「ずっと…欲求不満で…」

 

〇〇クンが、私の唇に、吸い付いてきて、

柔らかい舌を、お口の中に、にゅるるん♪

 

チュッチュッって、吸うようにして、私の舌を絡め取ります。

深くまで、舌を入れて、チュルチュル。

 

柔らかい唇が、ねっとり、吸い付いて、

柔らかい舌が、唾液で、ヌルヌル、絡み合って…

 

背筋がゾクゾク、アソコがジンジンしてきて・・・

 

〇〇クンが、キスをしたまま、私のお尻を、ムチッっと、わしづかみして、

ムギュッ、ムギュッって、撫でまわします。

 

子宮の辺りに、太くてカタいのが、ビンッビンッ、ぶつかって、

気持ちいのが、子宮に、フツフツと、込み上げてきて…

 

♀「っ…だめッ」

 

私は、○○クンを、精いっぱい、引きはがします。

でも、○○クンは、それを許すはずがなくて…

 

〇〇クンが、私の両肩を、ガチッと、つかんで、

強引に引き寄せて、唇を奪います。

 

カタくなったペニスを、子宮の辺りに、グイグイ押し付けてきて、

後ろから、制服のスカートの中に、手を入れて…

 

震える手で、パンティーの隙間に、指をすべらせて、激しくまさぐる、〇〇クン。

 

腰が、お尻が、犯されて、

一気に、お膣が、しっとり、濡れてきて…

 

♀「ㇵァ…ㇵァ…」

 

○○クンが、私の首筋に、舌と唇をはわせ、

髪をかき上げて、うなじに吸い付きます。

 

チュッチュッって、うなじに、激しく、キスをして、

うなじから、快感が全身に広がって…

 

♀「っ…気持ちぃ…」

 

悲鳴にも似た、感じている自分の声が、はんすうして、

瞳がウルウル、アソコがねっとりしちゃいます。

 

制服の上着のボタンを一つ、二つ、外していく、〇〇クン。

ブラウスのボタンも外して、私のブラをずらして…

 

♂「おっきい…すごい…」

 

〇〇クンが、私の乳房を、ムチッと、わしづかみにして、

ムギュムギュ、撫でまわします。

 

乳輪、乳首に、チュッチュッって、吸い付いて、

コロコロ、舌で転がして…

 

私のスカートの中に手を入れて、私のアソコを撫でまわして…

ねっとりパンティーに張り付いている秘部に、優しく触れて…

 

♀「っ…ベッド…いこ…」

 

〇〇クンと、エッチ専用のダブルベッドまで、よちよち歩き。

このベッド上で、どれだけの男女が愛し合ってきたんでしょうか。

 

〇〇クンが、片手をひざの裏、もう片方の手を背中に回して、私とエッチの舞台へと上がります。

 

私のパンティーを、ズルズル、脱がして、

私のお股に、プニュっと、顔を埋めて…

 

♀「ぅ…ン…気持ちィ…」

 

〇〇クンが、お膣から溢れる、エッチなお汁を、ジュルジュルすすって、

愛液を絡ませた舌で、ねっとり、クリトリスに吸い付きます。

 

舌と唇で優しく、軽く触れるくらい…

柔らかい舌で、横に動いて…

 

子宮の辺りに、かゆいような、くすぐったいようなのが、たまってきて…

お膣が、だんだん、ヒクヒクしてきて…

 

♀「っ…だめッ…イっちゃう…」

 

子宮からカラダ全体に、快感の波が広がって、

下腹部全体が、オーガズムの熱におそわれます。

 

お膣とアナルが、キュンキュン、締まって、

腰が突き出ちゃって、ビクッビクッ、止まりません…

 

♂「すごい…」

♀「ㇵァ…ㇵァ…早く…ごむ…」

 

○○クンが、まるで、お漏らしを我慢してたときみたいにして、

震える手で、カチャカチャと、ズボンのベルトを外します。

 

ズボンとパンツを、一気に、脱いで、

コンドームを付けて…

 

たまっていた欲求を、私のヴァギナにぶつけます…

 

♀「お願い…早く…はやく入れてッ」

 

呼吸をするように、ヒクッヒクッ、弛緩・収縮する、膣口とアナル。

伸び縮みするヴァギナに、ヌップップップッ、侵入する、欲求不満のゴムちん〇。

 

刺激不足のゴムちん〇を、キュッっと、包み込む、柔らか突起、ピンクの膣壁。

 

カリが、サオが、

膣口から、Gスポット、ポルチオに食い込んで、膣奥深くを突いて…

 

♂「すごい…○○さんのおま〇こ…動いて…吸い付いて…」

♀「突いて…激しくッ…奥まで…突いてッ!!」

 

パンッパンッパンッパンッ、肉唇にぶつかる接合部。

欲求不満をぶつける、ゴムちん〇。

 

柔らか突起、トロトロの膣壁を滑走して、ザラザラとコリコリに食い込んで、

ビンッビンッビンッビン、クリトリスとポルチオのオーガズムを生み出します…

 

♀「だめッ…ィㇰ…いくッ!!」

 

腰を突き出して、ガクッガクッさせて、本気のオーガズムです。

 

突起が…ヴァギナが…キュンキュン締まって…

奥が…子宮が…すっごく気持ち良くなって…

 

それから、息も忘れるほどの快楽に、身を投じました。

 

すっごく気持ちよかったです///

 

ご近所さんと、すぐに会えて、すぐにエッチできるのが、PCMAXのいいところですよね。

 

今回の彼と出会った、大人の出会い系マッチングサイトは、PCMAXです

PCMAX

おすすめ度★★★★★
創業2002年~
会員数1200万人超
料金体系男性:メッセージ送信1通50円相当
女性:完全無料
初回無料ポイント会員登録:500円分 → 300円分
年齢確認:500円分 → 300円分
合計:1000円分 → 600円分
メッセージ送信12回分に相当
2018/11/12/12:00~:初回登録サービスポイントの変更
これ以上お得な会員登録方法は存在しない
法令遵守インターネット異性紹介事業 届出認定済み
東京都公安委員会認定番号:30120128007
ベテランユーザーの評価ユーザビリティーがしっかりしているので、使いやすさはダントツ。
運営は良心的で、サポートも充実。
会員登録方法
  1. 電話番号登録・メールアドレス登録
  2. 年齢確認
公式サイト

コメント