ハッピーメールでヤラよそおじさんが童貞を卒業した体験談

ハッピーメールでヤラよそおじさんが童貞を卒業した体験談

 

このページでは、ハッピーメール(ハピメ)で出会った、ヤラよそおじさんが、童貞を卒業した体験談を、内緒で公開します。

 

ハッピーメール ヤラよそおじさん童貞

ハッピーメール ヤラよそおじさん童貞 ファーストメール

「初めまして。○○市に住んでる40歳、身長17×の6×キロです。未婚で彼女なしです。
良かったらメールから仲良くなりませんか?lineもやってます」

 

ファーストメールは、こんなかんじです。

 

プロフィール写真は、どこにでもいる普通のおじさんです。

顔は、10点中5点ってトコです。

 

♂「初めまして。○○市に住んでる40歳、身長17×の6×キロです」

♀「はじめまして」

♂「未婚で彼女なしです」

♀「私もです」

♂「良かったらメールから仲良くなりませんか?lineもやってます」

♀「うーん…」

 

とりあえずメールしてみることにしました。

直メのやり取りに移行です♪

 

ハッピーメール ヤラよそおじさん童貞 Gmail

「ハッピーメールの○○です。メールありがとうございます。はい童貞ですよ。○○さんも真面目に探してるかんじですか?仲良くしてください」

 

ハッピーメールの〇〇さんに、グーグルのGmailを教えました。

 

♂「ハッピーメールの○○です。メールありがとうございます」

♀「どういたしまして///」

♂「はい童貞ですよ」

♀「!?」

♂「○○さんも真面目に探してるかんじですか?」

♀「えっと…」

♂「仲良くしてください」

♀「はい…」

 

〇〇さんは、ヤラずに四十路(よそじ)のヤラよそさんだったんですよ。

〇〇駅前で、待ち合わせです♪

 

ハッピーメール ヤラよそおじさん童貞 待ち合わせ

 

駅に着いて、〇〇さんに、メールしようと思ったら、

〇〇さんから、「着きました」って、メールが来ていました。

 

駅を出て、キョロキョロ、〇〇さんを探します。

たくさん人がいて、おまけに暗いから、〇〇さんがどこにいるか分かりません…

 

♂「○○さん?」

 

後ろから声をかけられて、ちょっとびっくりです!

 

抜き足、差し足、忍び足~♪

〇〇さんは、コソコソ近づく、忍者さんみたいでした。

 

♀「びっくりしました///」

♂「すいません。○○さんですよね?」

♀「はい…」

♂「メールしてた○○です。初めまして」

♀「はじめまして」

♂「今日、飲みに行くんですよね。どこ行きますか?」

♀「○○さんに任せます…私は、ご飯食べれるトコなら、どこでもいいですよ///」

 

お腹がペコペコだったんです///

居酒屋に移動です♪

 

ハッピーメール ヤラよそおじさん童貞 居酒屋デート

 

ヤラよその〇〇さんと、居酒屋デートです♪

 

♀「○○さん、40に見えないです///」

♂「よく言われます」

♀「顔が赤くなってます///」

♂「本当ですか」

 

スマホを見ながら、自分の顔に手を当てる、〇〇さん。

スマホのカメラを、鏡の代わりに使っているみたいです。

 

♂「顔に出やすいタチなんです」

♀「普段、あまりお酒は飲まないんですか?」

♂「はい。飲み会で飲むくらいで」

♀「合コンですか?」

♂「いえいえ。会社の飲み会です」

♀「家では飲まないんですか?」

♂「はい。あまり飲まないです」

 

メールでは、けっこう遊んでそうな感があったのですが、

〇〇さんは、誠実そうな印象です。

 

40で童貞やってるだけあるなって思いました。

 

♂「○○さん、もう飲まないんですか?」

♀「うん。あまり飲みすぎると、感度が薄くなっちゃうんです」

♂「感度?」

♀「はい。エッチしても、あまり感じなくなっちゃうんですよ」

♂「・・・」

♀「○○さんも、あまり飲み過ぎないほうがいいです。イケなくなっちゃうから」

♂「え?」

♀「うん?」

♂「・・・」

♀「ホテルに連れていってくれるんですよね?」

♂「え?」

♀「このあと、ホテルに連れていってくれるんですよね?」

♂「・・・」

 

〇〇さんが、動揺します。

目の焦点が合っていません。

 

私は内心、ほくそ笑みながらも、ほわほわした雰囲気を保ちます。

 

私、おっとりしてるから、清楚なイメージを持たれることが多いんです。

でも、実は、大胆で、クレイジーな、ヤリマンなんですよ(笑)

 

♂「いや、そういうつもりじゃ…」

♀「真面目に探してるんですよね?」

♂「はい」

♀「○○さん、童貞ですよね?」

♂「はい…」

♀「男女が付き合ううえで、セックスって避けられないと思います」

♂「いや、そんなことないと思うけど…」

♀「男女が分かり合うためには、セックスって重要だと思うんです」

♂「そう…かな」

♀「真面目に探してるんじゃないんですか?」

♂「えっと…」

♀「ただの遊びですか?」

♂「違います!だからこそ、○○さんとそういう関係になりたくないです」

♀「○○さん、間違ってます」

♂「え?」

♀「○○さんは、こんなかんじでデートするのは、初めてじゃないですよね?」

♂「はい」

♀「表に出さないだけで、セックスしたい女の子ってたくさんいるんですよ。○○さんとセックスしたい子だって、いたはずです。○○さんは、いままで、そういう子たちの期待を裏切ってきたんです」

♂「・・・」

♀「セックスって、男のためだけにあるんじゃないんですよ。それは分かりますか?」

♂「…はい」

♀「○○さんは、自分が正しいと思うことを、真面目にやってきただけで、真面目にセックスしたい子だっているんですよ」

♂「…○○さんは、セックスがしたいだけなんですか?」

 

鋭い質問に、心臓が跳ね上がりました。

でも、平静をよそおって…

 

♀「セックスを通じて、○○さんのこと…知りたいと思ってます」

♂「別にしなくても…」

♀「○○さん、セックスしたことないんですよね?」

♂「はい…」

♀「付き合ううえで、セックスの相性を気にしてる子だっているんですよ」

♂「○○さんも、そうなんですか?」

♀「はい…だから○○さんに、ホテルに誘ってほしいんです」

♂「ホテル、行ったことないです…」

♀「うん…」

♂「僕、下手ですよ。いいんですか?」

♀「相性って、テクニックとかそういうのじゃないですし…」

♂「・・・」

♀「別に無理しなくてもいいです。でも、童貞のまま、自分の殻に閉じこもっているのは、よくないと思います」

♂「・・・」

 

下を向いて、何やら考え込んでいる、〇〇さん。

こんなに真面目な人だって、思っていませんでした。

 

普通は、エッチな話題を出すと、飛びついてくるんです。

でも、この人は、思いつめた顔をして、悩んでいるんです。

 

出会い系にも、こういう人がいるんだなあって思って…

なんだか、胸がズキズキ、キューッと締め付けられて、心が苦しい思いでした。

 

♀「今日はもう帰りませんか?」

♂「…初めては好きな人とって、決めてたんです。これは間違ってますか?」

♀「相手のためじゃなくて、自分のためにヤラないって意味では、間違ってないと思います」

♂「・・・」

♀「○○さんは、好きな人で童貞を捨てたいんですよね。じゃあ、私じゃ…ダメだね」

♂「今日、初めて会ったばかりですけど…○○さんのこと、気になってます」

♀「・・・」

♂「ホテル…行きませんか?」

♀「う、うん」

 

私の思い通りに事が進んだけど、なんだか胸が苦しいです。

気持ちだけでも、〇〇さんの彼女になってみようって思いました。

 

ラブホテルに移動です♪

 

ハッピーメール ヤラよそおじさん 童貞卒業

 

ヤラよその〇〇さんと、ラブホテルにチェックインです。

 

♂「すごい…」

♀「うん…」

 

♂「シャワー入りますか?」

♀「○○さんに任せます」

♂「普通は入るんですよね?」

♀「”私に聞かないで”って言いましたよね?」

♂「・・・」

♀「普通とかそういうのはやめましょう?私たち二人の問題です。私はどっちでもいいです。一回してからでもいいですし…」

♂「一回って…何回もするんですか?」

♀「だから私に聞かないでって」

♂「じゃあ…とりあえず一回しましょうよ」

♀「”じゃあ、とりあえず”で、童貞捨ててもいいんですか?」

♂「・・・」

 

なんだか嫌なムードになってしまいます。

とてもセックスを楽しむような雰囲気ではないです。

 

♀「ごめんなさい。○○さんは、私に気を使ってくれているんですよね。私は、○○さんの好きなようにさせてあげたいんです」

♂「僕も同じこと考えてました」

 

私は、〇〇さんに近付いて、

彼の手をとって、胸に押し当てます。

 

♀「私の胸が、鳴ってるの…分かりますか?」

♂「はい…」

♀「トクトクしてる…耳を…当ててみて?」

♂「えっと…」

 

どうしようかと迷っている、〇〇さん。

私は、〇〇さんを、その胸に、抱きしめます。

 

♀「トクトクしてるの…聞こえる?」

♂「はい」

♀「○○さんのことを思うと…胸が苦しくなります」

♂「○○さん…」

♀「○○さん…私のこと…好き?」

♂「はい、好きです」

♀「○○さんと…一つになりたい…」

 

私は、〇〇さんの身体を離して、唇にキスをします。

 

〇〇さんのズボンのベルトをゆるめて、

ホック外して、チャックを下ろして…

 

♀「座って」

 

〇〇さんが、ベッドに、腰掛けると、

私は、しゃがんで、彼のアソコを愛でます。

 

両手で、根本を、支えて、

柔らかい頬と舌で、優しく包み込んで…

 

♂「〇〇…さん…」

 

口から、甘い吐息をもらして、恍惚にふける、〇〇さん。

やがて、ブルブルと、その身体を震わせます。

 

〇〇さんが、確実にイったって思ったから、

私は、彼を、根元まで深く、包み込んであげました。

 

♀「どうですか///」

♂「気持ちよかったです///」

♀「今度は、〇〇さんが…私を気持ちよくさせてください…」

♂「はい…えっと…」

♀「ふふっ。無理しないでください。治まったら教えてください///」

 

ヤラよその〇〇さんが童貞を卒業しました///

 

今回の彼と出会った、大人の出会い系マッチングサイトは、ハッピーメールです

ハッピーメール

おすすめ度★★★★★
創業1998年~
会員数1900万人超
会員数日本一
料金体系男性:メッセージ送信1通50円相当
女性:完全無料
初回無料ポイント会員登録:500円分
年齢確認:500円分
メールアドレス登録:200円分
合計:1200円分
メッセージ送信24回分に相当
法令遵守インターネット異性紹介事業届出/福岡公安委員会
認定番号 90080003000
ベテランユーザーの評価芸能人を広告塔として起用していることもあって、知名度はダントツ。
老舗だけあって、会員数が多いのが魅力。
会員登録方法
  1. 電話番号登録
  2. 年齢確認
  3. メールアドレス登録(任意)
公式サイト

コメント