出会い系で巨乳好きのH大好き男とノーブラで飲みデート!そのままエッチしちゃった体験レポート

 

初めまして、出会い系ベテランユーザーのaiです。

 

今回は、出会い系で出会った、巨乳好きのH大好き男と、ノーブラで飲みデート、そのままエッチしちゃった体験レポートです。

 

「夜分遅くコメント失礼いたします…プロフィール拝見致しました。巨乳好きのH大好き男です。良かったご返事頂けると嬉しいです。宜しくお願い致します。」

 

ファーストメールは、こんなかんじです。

 

プロフィール写真は、どこにでもいる普通のおじさんです。

顔は、10点中5点ってトコです。

 

♂「夜分遅くコメント失礼いたします…プロフィール拝見致しました」

♀「プロフィール見たんだね///」

♂「巨乳好きのH大好き男です」

♀「すごい自己紹介だね///」

♂「良かったご返事頂けると嬉しいです。宜しくお願い致します」

♀「なんかちょっと敬語がおかしいです…」

 

〇〇さん、自分のことを「巨乳好きのH大好き男」って言うんですよ///

直メのやり取りに移行です♪

 

「PCMAXの○○です。こちらにメールさせていただきました。はい巨乳好きの変態男です(笑)乳もみデートってなんですか。はいいいですよ。仕事終わってからになりますけど宜しいですか」

Gmail

 

巨乳好きの〇〇さんに、グーグルのGmailを教えました。

 

♂「PCMAXの○○です。こちらにメールさせていただきました」

♀「巨乳好きの〇〇さんだね」

♂「はい巨乳好きの変態男です(笑)」

♀「///(笑)」

♂「乳もみデートってなんですか」

♀「”乳もみデート”じゃなくて、”乳飲みデート”です」

♂「はいいいですよ。仕事終わってからになりますけど宜しいですか」

♀「私も仕事あるので…」

 

「乳飲みデート」を、「乳もみデート」って、勘違いされました。

何某セブンイレブンで、待ち合わせです♪

 

 

仕事が終わって、おうちに帰って、着替えます。

 

制服を脱いで、ブラを外して、

ニーソックスに、フリフリのスカート、ひらひらのブラウス…

 

巨乳好きな〇〇さんのために、ブラジャー抜きの、ノーブラです///

 

電車に乗って、待ち合わせのコンビニ近くの駅で降ります。

 

ここから待ち合わせのコンビニまで、けっこう歩きました。

眠くてフラフラで、お腹がペコペコだったのを覚えています(笑)

 

〇〇さんから、「着きました」ってメールが来ます。

しばらくして、待ち合わせのセブンイレブンが見えてきて…

 

「着きました。外にいます」って、メールをすると、

〇〇さんらしき人が、コンビニから出てきます…

 

♂「○○さんですか?」

♀「はい///」

♂「○○です。少し早く来すぎちゃって」

♀「ごめんなさい…少し遅くなっちゃいました…」

 

縮こまって、軽く頭を下げます。

 

♂「それにしても、すごいおキレイですね。グラビアアイドルとかにいそうですよね」

♀「グラビアアイドルですか?」

♂「ええ。お肌もすごいキレイですよね。」

♀「///」

 

しばらく、立ち話しをして、それから…

 

♀「お腹空きましたね」

♂「そ、そうですよね。早くご飯食べに行きましょうか。ご案内致します」

 

〇〇さん、食いしん坊で、すいませんでした。

居酒屋に移動です♪

 

 

巨乳好きの〇〇さんと、居酒屋で、飲みデートです♪

 

まずは、ビールで乾杯です。

 

ビールとお通しで、生き返ります。

なべ料理でも、ガッツリ食べたい気分でした。

 

♂「そういえば、乳飲みデートってなんなんですか?」

♀「えっと…」

♂「今日、教えてくれる約束でしたよね」

♀「そうですね///」

 

巨乳好きの〇〇さんが、私のおっぱいを、まじまじと見てきます///

私のおっぱいから、目を離しません。

 

♀「○○さん、さっきから私の胸ばっかり見てますよね…」

♂「え?いえ…」

♀「バレバレですよ///」

♂「目の保養に…なんてね(笑)」

 

巨乳好きの〇〇さんは、隠す気がない様子です。

さっきから、鼻の下を伸ばしっぱなしです///

 

♂「○○さん、ブラジャー付けてる?」

♀「!?…つけて…ないです…どうして分かるんですか?」

♂「はい。さっきから、かなり揺れてますし、ポチッとしてます」

♀「うそ///」

 

私は、両手で、自分の胸を隠します///

意外なことに、乳首がコリコリになっていました。

 

〇〇さんに、見られて、興奮しちゃったみたいです。

アソコも、ねっとり、濡れてきて…

 

♂「○○さん、かなり大きいですよね?何カップですか?」

♀「うーんと…当ててみて」

♂「HかI」

♀「うん。どっちだと思います?当てたら…さわっても…いいよ///」

 

巨乳好きの〇〇さんの目が、真剣な目つきに変わります。

 

♂「胸を持ち上げてもらってもいいかな?」

♀「こう…ですか?」

♂「ううむ…Iカップ!」

♀「残念です。はずれです(笑)」

 

〇〇さん、ホントにがっかりそうです。

これから寒くなるから、Iカップよりになりそうだけど…

 

♂「それで乳飲みデートって言うのは?」

♀「巨乳好きな○○さんとお酒を飲むって意味ですけど…」

♂「それだけなの?」

♀「はい」

♂「そんなぁ…」

♀「でも、今日、○○さんのために、ブラジャーつけてこなかったんですよ」

♂「見てるだけって…それじゃあ、生殺しだよ」

 

自嘲ぎみに、私のおっぱいを見つめる、巨乳好きの〇〇さん。

 

「乳飲みデート」を、「乳もみデート」って間違えるくらいだから、

よっぽど、おっぱいが好きみたいです。

 

♂「いくら欲しい?」

♀「うん?」

♂「○○さんのおっぱいはいくらですか!?」

♀「100万円になります」

♂「いやいや、ちょっと高すぎ」

♀「冗談ですよ(笑)」

 

それから、お腹がパンパンになるまで、美味しいご飯を食べました。

そしたら今度は、お尻の方でパンパンしたくなっちゃいます///

 

♀「○○さん、巨乳好きのH大好き男なんですよね(笑)」

♂「え、ええ…」

♀「私もH大好きなんだ///」

♂「そうなんですか?」

♀「うん。早くしたいな///」

♂「え?」

♀「○○さんと…エッチしたいな///」

 

巨乳好きの〇〇さんが、私の胸を、じーっと見てきます。

見られていることに興奮して、さっきからずっと濡れっぱなしです///

 

食欲が満たされると、性欲が湧いてきて、我慢が出来なくなります。

 

ついつい、両手で、自分の胸を触って、感じちゃって、

思わず、腰が動いちゃって、瞳がウルウル。

 

おちん○んが欲しくなったよ…

 

♂「ホテル行きませんか?」

♀「ぅン///」

 

巨乳好きの〇〇さんに、自分の胸を見つめられて…

エッチがしたくて、エッチがしたくて…たまらなくなりました///

 

ラブホテルに移動です♪

 

 

巨乳好きの〇〇さんと、ラブホテルにチェックインです///

 

部屋に入ると、〇〇さんが、後ろから抱き着いてきます。

 

私のおっぱいを、後ろから両手で、ムチッとわしづかみにして、モミモミします///

ぼっきんきん♪のおちん○んを、お尻の谷間に、スリスリして…

 

♀「ちょ、ちょっと…///」

♂「すいません!もう、我慢できないです!」

 

コリコリのポチを、指でつまんだり、手のひらで回したり…

私のおっぱいを、内側に回すようにして、モミモミします///

 

♀「ぁっ…」

♂「ぁぁ、気持ちぃ…」

 

ふいに、〇〇さんのカラダが離れます。

 

♂「す、すいません。我慢できなくて…」

 

私のお膣が、ねっとり、縮んだり、開いたり、

ヒクヒク、呼吸をするように、〇〇さんのおちん○んを欲しがります。

 

私は、パンティーを下げて、壁に手をついて、

腰を、ガクガク、〇〇さんにおねだりします。

 

♀「おちん○ん…ちょうだい///」

 

〇〇さんが、急いで、コンドームを付けます。

 

私のスカートを、一気に、めくりあげて、

ナカに、カタいのが、にゅるるん♪

 

私の両胸を、両手で、ガッチリ、つかんで、

プリプリのお尻に、カラダを、ぶつけます。

 

ムチッムチッ、おっぱいをもみながら、

パンッパンッ、肉唇にぶつける、〇〇さん。

 

私のお尻が、ゆがんで、はじけて…

リズムカルな深いピストンが、だんだん小刻みに、速くなっていって…

 

♀「ㇵぁ、ㇵぁ…」

♂「イキそうです…」

 

ドピュピュン♪

 

ノーブラで、そのままエッチしちゃいました///

 

そのあと、シャワーを浴びて、またエッチです///

 

私のPCMAX体験レポートの続きが見たい方はこちらをどうぞ♪

 

参照:aiのPCMAX体験レポートはこちら

 

私が愛用している出会い系は、PCMAXです

>> PCMAXの公式サイトを見てみる(R18)

 

異性紹介事業として公安委員会に届出がされている出会い系は、10,000以上。

そのうち本当に出会えるサービスは、約100。

さらにサクラなしでも運営できるほど会員数の多い大手出会いサービスは、約15。

そして、エッチな男女が集まる出会い系が、PCMAXです。

 

>> エッチな男女が集まる出会い系PCMAX(R18)

 

PCMAXは、若い女性ユーザー獲得のために、女性誌を中心に広告を掲載しています。

下記は、そのほんの一例です。

 

「PCMAXの雑誌掲載情報」

 

2018年現在、会員数は1000万人超、女性会員数日本一。

エロくて、可愛い子が、たくさんいます。

 

>> エロカワ女子との出会いならPCMAX(R18)

 

私も、私の友達も、使っています。

 

「PCMAXの日記」

 

出会い系の待ち合わせは、こんなかんじです。

私も毎回、こんなかんじで会っています。

 

 

Yahoo! Japan、Google、Facebook、Twitterのお手持ちのアカウントで始めることもできます。

PCMAXのログインにも使えますし、周囲に出会い系をやっていることがバレることもありません。

 

>> 今すぐ始められます(R18)

 

PCMAXでは、多重登録・不正登録防止のため、電話番号認証が必須となっています。

業者や悪質なユーザーが、入り込めないようにするための措置です。

 

業者や悪質なユーザーは、この電話番号から足がついてしまうので、

電話番号認証がある出会い系は、避ける傾向にあります。

 

そのため、最近では、ヤフーやグーグル、フェイスブック、ツイッターでも、

この電話番号認証システムが採用されているんです。

 

「PCMAXの電話番号確認」

 

電話番号ボタンをタップして、音声を発信すると、

「こちらはPCMAXです。電話番号を確認しました。サイトに戻って、次へボタンを押してください」

という音声が流れます。

 

私も、私の友達も、2年以上使っていますが、

何か問題があったことは、一度もありません。

 

電話番号認証があるからこそ、悪質なユーザーがいなくて、安心して使えるんだと思います。

次は、メールアドレスの登録です。

 

「PCMAXのメールアドレスの登録」

 

「空メールを送信する」ボタンを押すと、メール起動画面に切り替わりますので、空メールを送信します。

私も、私の友達も、迷惑メールが来たことは、一度もありません。

 

「[PCMAX]登録完了メール」

 

折り返し、会員ID番号、暗証番号が書いてあるメールが届きますので、

こちらのメールは、大切に保存しておきましょう。

 

中身は、ザッと、こんなかんじです。

 

「PCMAX」

 

PCMAXには、すぐにエッチできる、エロカワ女子が、たくさんいます。

ヤラないなんて、人生、損してますよ?

 

私も、私の友達も、使っています。

まずは、下記の公式サイトから、登録です。

 

PCMAX公式 18禁(https://pcmax.jp

 

PCMAXについて詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。

>> PCMAX | 情報屋

 

コメント