ワキガとは ーわきが原因etc.ー

 

ワキガについて、詳しく、まとめてみました。

一般の方のために、わかりやすく、くだいた表現にしておりますが、内容は、国内外の医学書、医学論文に基づいています。

(※随時、最先端の情報に、更新しております)

 

目次

1. ワキガとは
2. ワキガの原因

1. ワキガとは

 

ワキガとは、主に、ワキの「アポクリン腺」が原因で、強いにおいの元となる汗をかく、体質・症状のことです。

 

  • 「腋臭」(わきが)
  • 「腋臭症」(えきしゅうしょう)
  • 「臭汗症」(しゅうかんしょう)

とも言われています。

 

俗に、からだ全体の「アポクリン腺」うち、

  • 性器が原因になる場合は、「すそわきが」(スソガ)
  • 乳輪が原因になる場合は、「ちちわきが」(チチガ)
  • 肛門周囲が原因になる場合は、「けつわきが」(ケツガ)

と言われています。

 

なお、多汗症とは、たくさんの汗をかく、体質・症状のことです(俗に言う、汗っかき)。

 

ほとんどのサイトでは、ワキガと多汗症は、セットになっていますが、

それは、同じ汗関係の体質・症状であり、対策・治療方法が似ているからです。

 

2. ワキガの原因

ワキガとは 原因

「汗腺」(http://wakiga.fumia.biz/ekurinkansen.html)

 

ワキガの原因は、「汗腺」です。

 

汗が出る腺「汗腺」(かんせん)は、

  1. ワキガの汗が出る「アポクリン腺」
  2. 普通の汗が出る「エクリン腺」

この2つに大きく分けられます。

 

私たち人間は、「アポクリン腺」が退化しており、

「エクリン腺」は、「アポクリン腺」から進化したものです。

 

構成比は、およそ「アポクリン腺:エクリン腺 = 1:3」。

 

からだの左右、ほぼ同じですが、まれに、左右差が出ることがあります。

 

「アポクリン腺」は、もちろんのこと、

「エクリン腺」も、ワキガのにおいを強くする原因になります。

 

なお、

  • 胡椒(こしょう)や唐辛子などの「香辛料」
  • コーヒーやお茶に含まれる「カフェイン」
  • タバコに含まれる「ニコチン」

など、刺激物は、「アポクリン腺」「エクリン腺」の発汗の原因になります。

 

目次

○「アポクリン腺」
○「エクリン腺」

○「アポクリン腺」(大汗腺|芳香腺、ほうこうせん|体臭腺|退化した汗腺)

ワキガとは 原因

「アポクリン腺」(http://www.doctors-organic.com/kansen/index.html)

 

  • ワキガの汗が出る
  • 社会的・性的な関係を取り結ぶ「フェロモン」として機能していたと考えられている(主に、情緒刺激、特に、性的刺激で、汗が出る)
  • 出生後に退化し、性ホルモンに関連して、主に、思春期に発達し、更年期以降、衰退する
  • 腺の数は、日本人で、およそ100万個(黒人や白人は、日本人の数倍)
  • ワキ、性器、へその周りなどの特定の場所だけにある(ワキガのにおいの原因のほとんどは、ワキで、まれに、性器、乳輪、肛門周囲など)
  • 汗を作るところは、大きく(大汗腺)、深いところにある
  • 汗が出るところは、大きく(細管の直径は、80~100μm)、出口は、ほとんどが毛穴(皮脂が出る「皮脂腺」と、出口が同じ)
  • 汗は、乳白色~黄色(まれに、黒、赤、青、緑など)、無臭(皮脂や角質とともに、細菌に分解されて、強いにおいを発する)、ネバネバしていて、独特の味がある
  • 汗の成分は、「エクリン腺の汗の成分 + 脂質とタンパク質」(特に、タンパク質が多い)

 

目次

◎「ミルクライン」
◎「モントゴメリー腺」
◎「副乳」
◎「肛門周囲腺」
◎「耳垢腺」
◎「嗅腺」
◎「睫毛腺」

◎「ミルクライン」(乳腺堤、にゅうせんてい)

ワキガとは 原因

「ミルクライン」(http://bust-seikei.jp/mamma/)

 

私たち人間は、胎児のときに、

ワキから、乳、足の付け根までの「ミルクライン」に、乳のもとが、いくつか作られます。

 

そのうち、一対だけが、乳となり、ほかは、退化しますが、

まれに、「副乳」(ふくにゅう)として、残ってしまう場合があります。

 

また、乳汁が出る腺「乳腺」は、「アポクリン腺」から進化したものですので、

「アポクリン腺」として、残ってしまう場合があります。

 

◎「モントゴメリー腺」(モンゴメリー腺|乳輪腺)

ワキガとは 原因

「モントゴメリー腺」(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B4%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%85%BA)

 

  • 乳首周囲の褐色の部分「乳輪」(にゅうりん)にある
  • 皮脂が出る「皮脂腺」のほか、「アポクリン腺」が、肉眼でも見える開口をもって、10個ほど散在している
  • 乳首の刺激によって、隆起・突出する
  • 妊娠・出産によって、肥大隆起する

 

◎「副乳」(ふくにゅう)

ワキガとは 原因

「副乳」(http://www.tenjin-keiseigeka.jp/sinryo01/benign-tumor/benign-tumor12.html)

 

  • 男性のおよそ2%、女性の5~8%にある
  • 「ミルクライン」にある(乳とワキの周りに残りやすく、左右対称・非対称の場合がある)
  • 乳首・乳輪・乳房・乳腺は、それぞれ、ある場合・ない場合がある
  • 乳首・乳輪は、ほくろやあざに似ていて、目で見ても、わからないことが多い
  • 乳房ができるのはまれで、しこりに近い
  • 乳汁が出るのはまれで、汗が出るか(特に、ワキの「副乳」は、汗の量が多い)、何も出ない
  • 生理や排卵、妊娠・出産で、通常の乳と同じ症状が起こる場合がある

 

◎「肛門周囲腺」(肛囲腺)

ワキガとは 原因

「犬の肛門周囲腺」(http://www.koinuno-heya.com/byouki/syoukaki/koumon/koumon-syuuisenen.html)

(※皮膚の「肛門周囲腺」の位置だけ、参考にしてください。粘膜の「肛門腺」とは、異なります)

 

  • 肛門周囲にある
  • 場所だけに、においが強くなるので、ほとんどの場合、自覚できる
  • ケツガの方のほとんどが、脇のワキガ・すそわきがを合併している

 

◎「耳垢腺」(じこうせん|耳道腺、じどうせん)

ワキガとは 原因

「耳垢腺」(http://tv.1043.in/hiruobi20150714/)

 

  • 耳の入り口~鼓膜までの「外耳道」(がいじどう)皮膚にある

 

◎「嗅腺」(きゅうせん|ボーマン腺|鼻翼汗腺、びよくかんせん)

ワキガとは 原因

「嗅腺」(https://kotobank.jp/word/嗅覚-51952)

 

  • 鼻の先の左右にふくれている部分「鼻翼」(びよく)の上皮と、その内部、鼻毛が生えている「鼻前庭」(びぜんてい)にある

 

◎「睫毛腺」(しょうもうせん|モル腺)

ワキガとは 原因

「睫毛腺」(http://www.nanyo-eye.com/06section21.html)

(※「ツァイス腺」は、皮膚の皮脂腺、「マイボーム腺」は、角膜の皮脂腺です)

 

  • 上下のまつげの根部近くにある

 

○「エクリン腺」(小汗腺|進化した汗腺)

ワキガとは 原因

「エクリン腺」(http://www.doctors-organic.com/kansen/index.html)

 

  • 普通の汗が出る
  • 機能は、体温調節、すべり止め、排泄(はいせつ)、保湿、免疫(めんえき)など
  • 生まれたときから存在し(胎生8ヶ月頃には、およそ成人並み)、加齢とともに、足の先から、減少する(下半身に出ない分だけ、上半身に出る)
  • 腺の数は、熱帯の住民に多く、寒冷地の住民に少ない
  • 日本人で、200~500万個、そのうち、180~275万個(平均230万個)が働いていて、その数は、2~3歳の汗かきの状況で決まる
  • 全身の皮膚にあるが、場所によって、腺の数が異なる(特に、ひたい、手のひら、足の裏、ワキに多い)
  • 汗を作るところは、小さく(小汗腺)、浅いところにある
  • 汗が出るところは、小さく(細管の直径は、30~40μm)、出口は、毛穴と関係なく、独立している
  • 汗は、無色(黄色、まれに、「真菌」(カビ)の繁殖などで、色がつくことがある)、無臭(皮脂や角質とともに、細菌に分解されて、弱いにおいを発する)、サラサラしている
  • 汗の成分は、水(およそ99%)、イオン(大部分が塩分)、尿素、尿酸、アンモニア、乳酸、サイトカインなど

 

「体温調節の汗」は、

まず、ひたい、頭皮に、

次に、体のほかの部分へと、広がり、

最後に、手のひら、足の裏に、生じます。

 

「精神的ストレスの汗」は、

まず、手のひら、足の裏、ワキに生じ、

次いで、体のほかの部分へと、広がります。

(摩擦力を高め、すべりにくくしています)

 

汗の成分の、

  • 尿素、尿酸、アンモニアなどは、老廃物で、「排泄」に、
  • 水、尿素、乳酸などは、お肌の「保湿」に、
  • サイトカインは、「免疫」などに、

貢献しています。

 

◎「アポエクリン腺」

ワキガとは 原因

「アポエクリン腺」(http://keiseigeka.ti-da.net/c243499_22.html)

 

  • たくさん、普通の汗が出る
  • 語源は、「アポクリン腺」「エクリン腺」の両性質を合わせ持つことだが、機能は、大きな「エクリン腺」
  • 8~18歳の間に、一部の「エクリン腺」が、分化してできる
  • ワキにある(成人で、多汗症の場合、ワキの汗腺のおよそ3割は、「アポエクリン腺」)
  • 汗を作るところは、大きく(「アポクリン腺」と同じ)、浅いところにある(「エクリン腺」と同じ)
  • 汗が出るところは、大きく(「アポクリン腺」と同じ)、出口は、毛穴と関係なく、独立している(「エクリン腺」と同じ)
  • 大きさは、「エクリン腺」の4~8倍
  • 発汗能力は、「エクリン腺」の7~10倍
  • 汗は、「エクリン腺」に似ていて、水に近い

 

汗の量

 

多い

◎「アポエクリン腺」

○「アポクリン腺」

◎「副乳」

○「エクリン腺」


少ない

 

なお、ワキガの方のおよそ60%が、多汗症を合併しています。

 

コメント