帯電!放電!静電気! ~静電気を防止・除去しよう~ ー静電気対策ー

静電気表

 

組み合わせが重要です。

 

+-の対局にあるものを組み合わせると、静電気が起こりやすくなります。

 

ウール(毛)は、静電気の起こりやすい素材と思われがちですが、人工繊維との相性が悪いだけです。

ウール自体は、天然繊維で、吸湿性があって、静電気が起こりやすいわけではありません。

 

目次

1. 静電気とは
2. 静電気対策

1. 静電気とは

 

静電気(せいでんき、static electricity|不動電気)とは、

動いている、流れている電気「動電気」(どうでんき|流電気)と対置される、

ほとんど動かない、静止した、電気のことです。

 

①摩擦など、電気を帯びる「帯電」(たいでん、electrification)によって、発生し、

②接触など、電気を放つ「放電」(ほうでん、electric discharge)によって、発動します。

 

静電気の電圧が高くなると、瞬間的に大電流が流れ、音と閃光を発する「火花放電」(ひばなほうでん、spark discharge)となって、観測されます。

 

例えば、ドアノブや車のドアなどの金属に触れると、

①体に帯電していた静電気が、
②金属に放電されて、バチッとなる、

あれです。

 

人の体からの火花放電は、痛みがあるのは、もちろんのこと、

場合によっては、やけどの跡が確認できるものもあるそうです。

 

静電気の発見は古く、紀元前600年頃には、哲学の祖「タレス」(前624頃~前546頃)による、「摩擦電気」(まさつでんき、triboelectricity)についての記述が、存在しています。

 

現在では、

  • コンロやライターなどの点火装置
  • コピー機やプリンターなどの感光装置
  • スマホやタブレットなどのタッチパネル

などに利用されています。

 

ちなみに、雷(かみなり|雷鳴、らいめい、thunderbolt、サンダーボルト|電光、らいこう、lightning、ライトニング)は、

①雲に帯電していた静電気が、
②雲や地表に放電されて、ゴロゴロとなる、

火花放電です。

 

雲の静電気の火花放電「雷」

 

2. 静電気対策

 

目次

①保湿対策
②接触対策

①保湿対策 ~静電気体質は、乾燥体質~

 

「空気」が乾燥していると、静電気が帯電しやすく、

室内で暖房器具(特に電気暖房)を用いているときには、注意が必要です。

 

これは、「体」にも言えることで、指先など、お肌の乾燥を防ぐことも重要です。

 

「髪の毛」も、また然り。

髪にうるおいを。

 

体に溜まっている静電気は、水分を通じて、徐々に放出されます。

 

空気も、体も、髪も、保湿しましょう。

 

加湿器!ハンドクリーム!ヘアクリーム!

 

天然素材

 

アクリルやナイロンなどの「人工繊維」(化学繊維、合成繊維)は、吸湿性が少ないので、静電気が帯電しやすいです。

 

フリースは危険。

 

服は、綿(めん、コットン)などの、天然繊維のものを。

 

靴は、静電気を通しにくい「ゴム底」ではなく、「革底」を。

 

カーペットについても、考えなくてはいけません。

 

②接触対策 ~静電気電圧を下げよう~

 

火花放電は、体に帯電している静電気が、一気に放電されることで発生します。

 

電気を通しやすい金属に触れる前に、

木やコンクリートなどに触れて、体の静電気を、ゆっくりと逃がしてあげて下さい。

 

また、指のような、細い先端で、触れると、

帯電している静電気が、そこを起点に、一気に放電します。

 

触れる部分を一点に集中せず、できるだけ接触する面積を広げてあげることが重要です。

 

おそるおそる触らず、思い切って、ガツンといきましょう!

 

ドアノブや車のドア

 

ドアノブや車のドアを触るときには、鍵などの金属を持って近づけることで、体の静電気を除去することができます。

 

鍵などの金属が、指先の代わりになってくれます!

 

財布などの革でも、OKです!

 

静電気除去グッズも、この仕組みを利用しています。

 

また、車から降りるときには、衣類の摩擦で、帯電するので、

降りる動作のときに、金属に触れていれば、帯電しません。

 

降りる前に、車体の金属部分に触れて、そこに触れたまま、降りましょう!

 

おすすめ

車のドアの静電気には革の手袋

 

車のドアには、革の手袋が、おすすめです。

 

レーサーな人になって下さい♪

 

コメント

  1. 青い森A@ より:

    静電気がとても起こりやすいので大変参考になりました。

    • Kayo より:

      Thanks for cotbninutirg. It’s helped me understand the issues.