出会い系でご飯をおごってもらった代わりにホテルに誘ってみたのですが…

 

初めまして、出会い系ベテランユーザーのaiです。

 

今回は、出会い系で、ご飯をおごってもらった代わりにホテルに誘ってみたのですが…

 

「はじめまして。プロフィールページを拝見し、もっと知りたいと思いメッセージを送らせていただきました。仲良くしていただけたら、とても嬉しいです!メッセージのやり取りからお願いできればと思います。どうぞよろしくお願いします。」

 

ファーストメールは、こんなかんじです。

 

♂「はじめまして。プロフィールページを拝見し、もっと知りたいと思いメッセージを送らせていただきました」

♀「私のことですか///」

♂「仲良くしていただけたら、とても嬉しいです!」

♀「私でいいんですか?」

♂「メッセージのやり取りからお願いできればと思います」

♀「えっと…」

♂「どうぞよろしくお願いします」

♀「うーん…」

 

とりあえずメールしてみました。

直メのやり取りに移行です♪

 

「○○です。こちらにメールさせていただきました。○○さんメールアドレスを教えていただきありがとうございます。ずいぶんおキレイですね!AKBとかにいそうなかんじで!ダメ元で送ってみて正解でした(涙)。週末、出来れば日曜の昼はどうかな?○○さんの都合が合わなければ、平日の夜でも全然OK!」

Gmail

 

PCMAXの〇〇さんに、グーグルのGmailを教えました。

 

♂「○○です。こちらにメールさせていただきました。○○さんメールアドレスを教えていただきありがとうございます」

♀「こちらこそメールありがとうございます」

♂「ずいぶんおキレイですね!AKBとかにいそうなかんじで!ダメ元で送ってみて正解でした(涙)」

♀「そんなことないですよ///」

♂「週末、出来れば日曜の昼はどうかな?○○さんの都合が合わなければ、平日の夜でも全然OK!」

♀「〇〇さんに合わせます」

 

日曜日のお昼に会う約束をしました。

何某ファミリーマートで、待ち合わせです♪

 

 

〇〇さんが、私のおうちの近くまで、車で迎えに来てくれるみたいです。

私は、「今から行くね」って、〇〇さんにメールして、おうちを出ます。

 

お日様がさんさん、心地よい風がふわふわ。

ぽかぽかしてて、今日は楽しいデートになりそうです♪

 

私のほうが先にコンビニに着いて、

「着いたよ」って、〇〇さんにメールします。

 

コンビニの中に入って、しばらくすると、コンビニの前に、グレイのセダンが止まって…

 

〇〇さんから、「もしかして今、立ち読みしてる?」って、メールが来ます。

 

車のほうに目を向けると、〇〇さんと目が合って、

ニッコリ微笑んで、こっちに手を振ってくれました///

 

私はコンビニを出て、〇〇さんの車に駆け寄ります。

 

〇〇さんが、助手席側のほうを指さして、口をパクパクさせます。

「車に乗って」って言っているみたいです。

 

私が助手席側に向かうと、運転席側の窓ガラスが開いて…

 

♂「○○ちゃん?」

 

〇〇さんが、運転席側の窓から顔を出します。

今度は、助手席側の窓が開いて…

 

♂「○○ちゃんかな?」

♀「あー、えーと…○○さんですか?」

♂「はい。○○ですよ。初めまして。ちょっと待ってね…」

 

助手席側の窓が閉まって、ドアが開いて…

 

♂「乗ってください。あまりいい車じゃないけどね」

♀「じゃあ…お邪魔します」

 

シートに腰を下ろして、車のドアを閉めて…

 

♂「今日は天気いいね」

♀「うん///」

 

私の顔をまじまじと見てくる、〇〇さん。

そんなに見つめられると…ちょっと、恥ずかしいです///

 

胸がトクトクしてきて、ときめきを感じました。

ニッコリ笑ったときにできる、目じりのシワが、なんだか優しそうで、胸がキュンとします///

 

♂「ご飯は食べてきたのかな?」

♀「朝に軽く食べてきて、お昼はまだだよ」

♂「そうかー。じゃあご飯を食べに行こうか。何食べたい?なんでもいいよ。好きなもの食べてもいいから」

♀「○○さんは?」

♂「私はいいんだよ。○○ちゃんが美味しいって言って…喜ぶ顔が見たいな」

♀「///」

 

〇〇さんが、普通は恥ずかしくて言えないようなセリフを、サラッと言います。

 

シブくて優しそうな、その声に…

私の顔が、熱くなって…

 

♀「本当になんでもいいの?」

♂「うん。○○ちゃんは何が好きなの?」

♀「おさかな…」

♂「海鮮料理?」

♀「うん…でも、お腹がふくれれば、ホントに…なんでも…」

♂「よし!決まりだな」

 

恥じらいもなく…よくあんなセリフが言えますね///

次は、ご飯デートです♪

 

 

〇〇さんに、海鮮丼をご馳走になりました///

 

ちょっと高いからって遠慮したんですが、〇〇さんが注文してくれて…

 

マグロに、イカに、ホタテに、エビに、カニに、イクラに、ウニに…

海のお幸がいっぱいです///

 

特製しょう油に、ワサビを溶かして、

まずは、エビから、食べます。

 

エビさんのしっぽと頭をつかんで、頭を外して、

しっぽをつかんで、しょう油につけて…

 

頭のほうから、吸い付きます。

口先をすぼめて、チュルチュル、にゅるるん♪

 

特製しょう油と、エビさんのトロトロが、口いっぱいに広がります。

そしゃくする度に、プリプリの触感、トロトロが溶けだして、美味しいです///

 

残ったしょう油を、海鮮丼の上から、まんべんなくかけて、がっつきます♪

 

海のお幸が、お口いっぱい、お腹いっぱいに広がって、

私って、幸せ者ですね///

 

♂「どうかな?美味しいかな?」

 

ニッコリ笑って、私の顔をのぞき込む、〇〇さん。

私の頭の中に、さっき〇〇さんが言ってた言葉が、はんすうします…

 

「私はいいんだよ。○○ちゃんが美味しいって言って…喜ぶ顔が見たいな」

 

そうしたら、胸がトクトクしてきて…

自然に、顔がほころんできて…

 

♀「うん。美味しいよ///」

♂「はは…なんだか、照れくさいね」

 

こんなに、ぽかぽかあったかくて、幸せなご飯デートは、初めてでした。

〇〇さんと二人で、美味しいご飯を食べて、ホントに幸せ者でした///

 

♂「北海道、東北など北日本から全国に広まったっていう説と、江戸前のちらし寿司から派生したものという説があってね…」

 

私、なんだか今度は、〇〇さんを幸せ者にしてあげたくなりました。

 

♂「全部食べたね。そろそろ行こうか」

♀「うん。○○さん、ありがとう」

 

一人お会計を済ませる、〇〇さん。

私は、〇〇さんの後ろから、気まずい思いで、そっと見守ります。

 

出会い系を始めたばかりの頃は、割って入って、割り勘にしてきましたが、

最近、それはちょっと違うって、思うようになりました。

 

割って入って、割り勘にすることもできたけど、

それは、きっと…〇〇さんの望んでいることじゃないんですよね…

 

車に戻って、ひと息です。

〇〇さんが、車にエンジンをかけて…

 

♂「あのコンビニでいいかな?家近いんでしょ?」

♀「えっ…もう…帰っちゃうんですか?」

♂「うーん…まだちょっと時間あるけど…」

♀「ちょっとって、どのくらいですか?」

♂「1時間、2時間くらいかな…」

 

元々、〇〇さんは、今日は、ご飯を食べるだけで終わりにするつもりだったみたいです。

 

出会い系で、男子と会うたびに、その場限りの関係を持って、終わりにしてきた私。

だから、私は…

 

♀「ホテルで休憩する時間あるかな?」

 

〇〇さんとエッチして、終わりにするつもりでした。

ところが、〇〇さんは…

 

♂「うーん…あまり気が乗らないな…」

♀「!」

 

私からホテルに誘って、断られることなんて、めったにありません。

本気で彼女にしようとしたり、結婚を視野に入れて、断られたことはありましたが…

 

♂「それよりも、また会ってほしいな…」

♀「・・・」

♂「今日も本当は…メールでもっと仲良くなってからがよかったんだけど…○○ちゃん、忙しいんでしょ?」

♀「うん…○○さんは、したくないんですか?」

♂「そうだね…確かにそういう気持ちもあるけど…愛のある関係じゃなきゃ嫌だな」

♀「愛…ですか?」

♂「はは…なんか恥ずかしいね」

 

そう言って、車のエンジンをかけた、〇〇さん。

 

  • 時間がない
  • 私に魅力がない
  • 更年期で性欲がない
  • 自分のアソコ、セックスに、自信がない
  • お金がもったいない

 

など、いろんな原因が考えられますが…

 

いずれにしても、そこまでしたくないことは分かりました。

もしかしたら、恋愛の延長線上に考えているのかもしれないですね。

 

あれこれ思考を巡らせているうちに、車が、待ち合わせのコンビニの前に止まって…

 

♂「…着いたね。今日、○○ちゃんに会えてよかったよ。まさか本当に来てくれるとは思わなかったよ」

♀「○○さん…」

♂「○○ちゃん、また会ってくれるかな?私はね、何もヤリたくてやってるわけじゃないんだ」

♀「ED?」

♂「うん…それもあるけど…普通に…カッコよく生きたいっていうのかな?」

♀「よく…分からないです」

♂「次、会ったときにもっと話そう…今日はここまで」

 

これは車降りた方がいいなって思ったから、助手席のドアを開けて…

 

♀「○○さん、またメールするね」

 

そう言って、車のドアを閉めました。

 

車の影が完全に見えなくなるまで、

〇〇さんのこと…ずっと見ていたよ。

 

ご飯をおごってもらった代わりにホテルに誘ってみたのですが…

断られました///

 

本当は、エッチしたかったんですけどね。

 

私のPCMAX体験レポートの続きが見たい方はこちらをどうぞ♪

 

参照:aiのPCMAX体験レポートはこちら

 

私が愛用している出会い系は、PCMAXです

>> PCMAXの公式サイトを見てみる(R18)

 

異性紹介事業として公安委員会に届出がされている出会い系は、10,000以上。

そのうち本当に出会えるサービスは、約100。

さらにサクラなしでも運営できるほど会員数の多い大手出会いサービスは、約15。

そして、エッチな男女が集まる出会い系が、PCMAXです。

 

>> エッチな男女が集まる出会い系PCMAX(R18)

 

PCMAXは、若い女性ユーザー獲得のために、女性誌を中心に広告を掲載しています。

下記は、そのほんの一例です。

 

「PCMAXの雑誌掲載情報」

 

2018年現在、会員数は1000万人超、女性会員数日本一。

エロくて、可愛い子が、たくさんいます。

 

>> エロカワ女子との出会いならPCMAX(R18)

 

私も、私の友達も、使っています。

 

「PCMAXの日記」

 

出会い系の待ち合わせは、こんなかんじです。

私も毎回、こんなかんじで会っています。

 

 

Yahoo! Japan、Google、Facebook、Twitterのお手持ちのアカウントで始めることもできます。

PCMAXのログインにも使えますし、周囲に出会い系をやっていることがバレることもありません。

 

>> 今すぐ始められます(R18)

 

PCMAXでは、多重登録・不正登録防止のため、電話番号認証が必須となっています。

業者や悪質なユーザーが、入り込めないようにするための措置です。

 

業者や悪質なユーザーは、この電話番号から足がついてしまうので、

電話番号認証がある出会い系は、避ける傾向にあります。

 

そのため、最近では、ヤフーやグーグル、フェイスブック、ツイッターでも、

この電話番号認証システムが採用されているんです。

 

「PCMAXの電話番号確認」

 

電話番号ボタンをタップして、音声を発信すると、

「こちらはPCMAXです。電話番号を確認しました。サイトに戻って、次へボタンを押してください」

という音声が流れます。

 

私も、私の友達も、2年以上使っていますが、

何か問題があったことは、一度もありません。

 

電話番号認証があるからこそ、悪質なユーザーがいなくて、安心して使えるんだと思います。

次は、メールアドレスの登録です。

 

「PCMAXのメールアドレスの登録」

 

「空メールを送信する」ボタンを押すと、メール起動画面に切り替わりますので、空メールを送信します。

私も、私の友達も、迷惑メールが来たことは、一度もありません。

 

「[PCMAX]登録完了メール」

 

折り返し、会員ID番号、暗証番号が書いてあるメールが届きますので、

こちらのメールは、大切に保存しておきましょう。

 

中身は、ザッと、こんなかんじです。

 

「PCMAX」

 

PCMAXには、すぐにエッチできる、エロカワ女子が、たくさんいます。

ヤラないなんて、人生、損してますよ?

 

私も、私の友達も、使っています。

まずは、下記の公式サイトから、登録です。

 

PCMAX公式 18禁(https://pcmax.jp

 

PCMAXについて詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。

>> PCMAX | 情報屋

 

コメント