酸っぱいみかんを甘くする方法 ~蜜柑!みかん!ミカン!~

 

酸っぱいみかんを甘くする方法を、RPG風に、まとめてみました。

 

「ここは みかんの園…
みかんの楽園 みかんパラダイスだ!」

 

「みかんが たくさん なっている…
ひとつだけ…
くるくるまわして もぎとってみますか?」

 

「みかんが あらわれた!」

 

みかんを甘くする方法は、

  • 揉む
  • 叩く
  • 潰す
  • 落とす
  • 転がす
  • 投げる
  • 叩きつける
  • お手玉
  • キャッチボール
  • 焼く
  • お湯に浸ける
  • みかんの皮に切れ目を入れて、電子レンジで加熱する

など、いろいろありますが、

これら方法で、どうして、みかんが甘くなるのでしょうか?

 

「とおるの こうげき!
とおるは みかんを もんだ!
みかんに 2のダメージ!」

 

…答えは、

みかんに、ダメージを与えると、

みかんは、酸味成分である「クエン酸」(citric acid)を、キズの修復にあてて、消費します。

 

「みかんは クエンさんを つかった!
みかんのきずが かいふくした!」

 

その結果、

酸味が弱くなる、甘みが強くなる、みかんが甘くなる、

なんてことが起こってしまうのです。

 

「みかんのすっぱさが 2さがった!」

 

「甘くなる」というよりも、

「酸味がなくなることで、甘く感じる」と言ったほうが、いいのかもしれません(笑)

 

100718

 

また、クエン酸は、みかんが呼吸をするときに、エネルギーとして消費されます。

太陽の光に当てると、みかんの呼吸が激しくなり、クエン酸も多く消費されます。

 

みかんを、

①プツプツ穴をあけたビニール袋に入れて、口を縛り、

②日光に、2、3日あて、

③冷蔵庫で冷やす。

 

①②は、みかんを熟成させるために、よく農家の方が行っている方法です。

 

①プツプツ穴をあけるのは、みかんの呼吸を遮らないためで、

口を縛るのは、そうしないと、みかんの外観が少し皺っぽくなってしまうからです。

 

③冷蔵庫で冷やすのは、みかんの甘みを感じやすくするためです。

 

みかんの甘味成分である「果糖」(かとう、fruit sugar|フルクトース、fructose)は、天然に存在する糖の中では、最も甘く、

「ショ糖」(砂糖|スクロース、sucrose)の1.73倍、甘いとされています。

 

ところが、「果糖」の甘さは、温度によって、大きく左右され、

高温では、「ショ糖」の60%の甘みしかなく、

40℃以下でないと、「ショ糖」よりも甘くなりません。

 

「果糖」を含む果物は、冷やすと甘味が強くなるのです。

 

「みかんは クエンさんを つかった!
みかんのすっぱさが 1さがった!」

 

いずれにしても、ダメージを受けたみかんは、腐りやすくなるので、

早く、食べてしまいましょう!

 

「またきちが あらわれた!
またきちは みかんを たべた!
またきちのかっこよさが 1あがった!
とおるは みかんの皮を てにいれた!」

 

 

最後に、おまけになりますが、

みかんの皮を、電子レンジに入れて、チンすると、

電子レンジのにおいが消えるので、おすすめです。

 

「とおるは みかんの皮を つかった!
電子レンジのにおいが きえた!」

 

以上、酸っぱいみかんを甘くする方法でした。

 

おしまい

 

コメント