ワキガがうつる「4つの成分」「4つの理由」 ー性行為etc.ー

 

ワキガがうつる成分と理由について、詳しく、まとめてみました。

一般の方のために、わかりやすく、くだいた表現にしておりますが、内容は、国内外の医学書、医学論文に基づいています。

(※随時、最先端の情報に、更新しております)

 

目次

1. ワキガがうつる「4つの成分」
2. 性行為でワキガがうつる「4つの理由」

1. ワキガがうつる「4つの成分」

「ワキガのにおいの仕組み」(http://kknavi.lion.co.jp/symptom/sweat/about/)

 

汗が出る腺「汗腺」(かんせん)は、

  1. ワキガの汗が出る「アポクリン腺」
  2. 普通の汗が出る「エクリン腺」

この2つに大きく分けられます。

 

「アポクリン腺」は、生まれたときから、数が決まっていて(日本人で、およそ100万個)、

そのうち、実際に働く数、その個々の汗の量は、個人の体質に依存します。

 

つまり、

ワキガの方は、この「アポクリン腺」の活発な体質(ワキガ体質)を、有しているだけで、

ワキガでない方に、この体質がうつることは、理論上、ありえません。

 

しかし、

  • ワキガの方、
  • ワキガの方の着た服、
  • ワキガの方の使ったタオル、体温計などに、

直接・間接に、接触して、

「ワキガのにおいの原因」(①~④)がうつることは、ありえます。

 

ワキガの汗、それ自体は、およそ無臭ですが、

①「ワキガの汗」(普通の汗の成分 + 脂質とタンパク質)が、
②「皮脂や角質」(脂質やタンパク質)と、混じり、
③「ワキガ菌」(ジフテロイド菌、コリネフォーム菌など)によって、分解され、
④「ワキガ臭」(ジメチルジクラソン、カプリン酸など)がします。

 

皮膚(ひふ)についたのは、

  • シャワーで、およそ8割を、
  • お風呂で、およそ9割を、
  • さらに、洗うことで、そのほとんどを、

洗い流すことができます。

 

①「ワキガの汗」(栄養)ないと、③「ワキガ菌」は生きていけませんので、

放置しておいても、時間がたてば、①「ワキガの汗」はなくなり、③「ワキガ菌」は死滅します。

(目安は、数時間~数十時間です)

 

②「皮脂や角質」は、ワキガでない方も、有していますので、問題ないでしょう。

 

問題は、服やタオル、髪などにうつった、④「ワキガ臭」です。

 

④「ワキガ臭」は、

  1. 服やタオル、髪などに、うつりやすく、
  2. かなり頑固で、普通に洗っただけでは、落ちません。

 

  • ワキガの方と、長い時間、一緒にいたり、
  • ワキガの方の着た服、ワキガの方の使ったタオルと、一緒に、洗濯したり、
  • 洗濯でなくても、長い時間、同じところに置いておくだけで、

④「ワキガ臭」が、染み付いてしまうことがあります。

 

つまり、

「ワキガ体質は、うつらない」
「ワキガは、うつるけど、永続しない」
「ワキガ臭は、うつりやすく、落ちにくい」

ということです。

 

2. 性行為でワキガがうつる「4つの理由」

ワキガうつる性行為

「性行為」(http://takanon01.hatenablog.com/entry/2013/02/11/204414)

 

性行為でワキガがうつるのには、次の「4つの理由」(①~④)があります。

 

目次

①「性ホルモン」
②「アポクリン腺」
③「エクリン腺」
④「接触」

①「性ホルモン」

「性ホルモン」(http://jp.happywhisper.com/shishunki/petit/boys/boys02.html)

 

性行為でワキガがうつる理由の一つ目は、「性ホルモン」です。

 

ワキガは、「性ホルモン」に関連して、主に、思春期に始まり、更年期以降、軽減します。

 

ワキガのレベルと、性欲のレベルが、およそ一致するということです。

 

性行為をするときは、性欲のレベルが高いとき、ワキガのレベルが高いときです。

 

つまり、「性行為は、ワキガがうつりやすい」ということです。

 

②「アポクリン腺」

ワキガうつる性行為

「アポクリン腺」(http://www.doctors-organic.com/kansen/index.html)

 

性行為でワキガがうつる理由の二つ目は、「アポクリン腺」です。

 

「アポクリン腺の汗」(ワキガの汗)は、

  • 主に、情緒刺激、
  • 特に、性的刺激で、

出ます。

 

性行為は、ワキガの方が、情緒刺激・性的刺激を受けて、ワキガの汗をかきます。

 

つまり、「性行為は、ワキガがうつりやすい」ということです。

 

③「エクリン腺」

ワキガうつる性行為

「エクリン腺」(http://www.doctors-organic.com/kansen/index.html)

 

性行為でワキガがうつる理由の三つ目は、「エクリン腺」です。

 

「エクリン腺の汗」(普通の汗)も、ワキガ臭を強くする原因になります。

 

「エクリン腺の汗」(普通の汗)は、

  • 運動などによる、体温調節、
  • 緊張などによる、精神的ストレスで、

出ます。

 

性行為は、ワキガの方が、運動・緊張などで、普通の汗をかきます。

 

つまり、「性行為は、ワキガがうつりやすい」ということです。

 

④「接触」

ワキガうつる性行為

「汗腺」(http://wakiga.fumia.biz/ekurinkansen.html)

 

性行為でワキガがうつる理由の四つ目は、「接触」です。

 

「アポクリン腺の汗」(ワキガの汗)は、

  • 「ワキ」
  • 「性器」
  • 「へその周り」
  • 胎児期に乳のもとができる「ミルクライン」(乳腺堤、にゅうせんてい)
  • 乳首周囲の「乳輪」(にゅうりん)
  • 乳のもとの残り「副乳」(ふくにゅう)
  • 「肛門周囲」
  • 「耳の中」
  • 「鼻」
  • 「まつげの根部近く」

から出ることがあります。

 

特に、「ワキ」、まれに、

  • 「性器」
  • 「乳輪」
  • 「副乳」
  • 「肛門周囲」

などから出ます。

 

「エクリン腺の汗」(普通の汗)は、全身の皮膚から出ます。

 

特に、「ワキ」、

  • 「ひたい」
  • 「手のひら」
  • 「足の裏」

から出ます。

 

性行為は、ワキガの方の服、ワキガの方の体に、直接、接触します。

 

つまり、「性行為は、ワキガがうつりやすい」ということです。

 

ワキガの方と、性行為をしたくなる!?

「臭いとフェロモン伝達経路の違い」(http://www.prosty.com/pheromone/column_pheromone/tokkyo/)

 

「ワキガのにおい」は、

  • 縄張りを主張する、
  • 異性を惹きつけるなど、

社会的・性的な関係を取り結ぶ「フェロモン」として機能していたと考えられています。

 

歴史的には、ワキガが「異性にとって魅力的と感じられる要素の一つ」として扱われることもあります。

 

古代中国の美女「楊貴妃」(ようきひ、719~756)が、体から良いにおいを発していた…というのは、ワキガのにおいだったのではないかという逸話があります。

 

中世中国の皇帝「永楽帝」(えいらくてい、1360~1424)が、後宮の女性たちに、厚着をさせて、歩き回らせ、汗をかかせ、そのにおいで気に入った女性を選んでいた…という逸話もあります。

 

なお、「ワキ毛や性毛は、ワキガのにおいを効率的に保持するために進化してきた」とする仮説があります。

 

コメント