蚊よけ!蚊取り!蚊対策! ~発生防止、防蚊、せんめつ~

蚊

 

蚊は、伝染病を、媒介します。

ウイルスによる脳炎「日本脳炎」(にほんのうえん|Japanese encephalitis)。

「豚など」によって、ウイルスが増殖され、刺した「蚊」が、「人」を刺すことによって、感染します。

「豚など → 蚊 → 人」

発症率は、0.1~1%。

致死率は、およそ20%。

半数以上は、脳に障害が残り、麻痺などの重い後遺症に苦しめられます。

地球温暖化の影響で、範囲が広くなってきています。

…蚊対策、して下さい。

イラスト

 

 

 

 

1. 蚊とは

161632

 

「彼を知り、己を知れば、百戦あやうからず」

まずは、敵について、知りましょう。

 

①大きさ
②飛行能力、飛翔能力
③行動範囲
④エサ、食べ物
⑤吸血
⑥産卵
⑦ライフサイクル

 

①大きさ

 

蚊の大きさは、様々ですが、

そのほとんどは、15mm以下です。

 

②飛行能力、飛翔能力

 

蚊の飛行能力は、低く

エアコン、扇風機といった、わずかな風によって、飛行障害を起こしてしまいます。

 

③行動範囲

 

蚊の行動範囲は、様々で、

1日で、○○m~○○kmと、種類によって、大きな幅があります。

 

④エサ、食べ物

 

蚊のエサは、オスもメスも、

花の蜜や、樹液など、糖質を含む液体です。

 

⑤吸血

 

・主体
・客体
・気温
・流れ
・かゆみ

 

・主体

 

吸血の主体は、メスだけで、オスは吸血しません。

 

蚊が吸血を行うのは、卵を成熟させるために必要な、タンパク質を得るためで、

その必要のない種類にあっては、メスであっても、吸血を行いません。

 

・客体

 

吸血の客体は、私たち人間や、哺乳類、鳥類ですが、

爬虫類や、両生類、魚類から、吸血する種類もあります。

 

・気温

 

15℃以上で、吸血活動を始め、

26℃~31℃で、最も盛んに吸血活動を行います。

 

逆に、

15℃を下回ったり、

35℃を越えるようなことがあると、

通常の活動期間内であっても、物陰や落ち葉の下などで、じっとして動かなくなります。

 

・流れ

 

まず、

皮膚に止まって、吸血しやすい場所を探します。

 

…数秒~数十秒…

 

次に、皮膚に、毛細血管に、突き刺し、

吸血を容易にする「唾液」を注入し、吸血に入ります。

 

吸血時間は、蚊の種類や、吸血状態によって、異なりますが、

アカイエカ、ヒトスジシマカが、未吸血状態であるとすると、

2~3分、およそ2mgで、満腹になります。

 

ですが、満腹になるまで、吸血することは、めずらしく、

動いたり、発見されたため、途中で吸血を中断し、逃走するなどを繰り返し、

およそ1mgで満足して、産卵に備えるようです。

 

・かゆみ

 

蚊の唾液は、本来、吸引した血液とともに、蚊の体内に戻されます。

 

ですが、

何らかの理由で、吸引を中断し、飛び立った場合、

蚊の唾液が、体内に残り、

アレルギー反応を、引き起こし、

血管拡張など、かゆみを生じさせます。

 

⑥産卵

 

満腹、あるいは、産卵に必要な血液を摂取したメスは、

3~5日で、

水際、あるいは、水面に、

産卵します。

 

この間、吸血は、行いません。

 

産卵後、1週間以内に、再び吸血し、再び産卵します。

 

産卵回数は、個体によって大きく異なりますが、4、5回程度です。

 

なお、産みつけられた卵や幼虫は、産卵誘因フェロモンを放出しており、

卵や幼虫がいる水ほど、他の蚊が産卵しやすいです。

 

⑦ライフサイクル

 

蚊のライフサイクルは、

「卵 → 幼虫(ボウフラ) → 蛹 → 成虫(カ)」

卵から蛹までの期間は、種類や温度によって、大きく異なります。

 

例えば、イエカは、

20℃の環境では、14日ですが、

25℃の環境では、10日です。

 

幼虫(ボウフラ)は、環境の変化に弱く、

水質が変化したり、水がなくなったりすると、生活できません。

 

2. 蚊に刺されやすい人、蚊に刺されにくい人

161631

 

①血液型
②体質
③色

 

①血液型

 

よく、蚊に刺されやすい血液型と、蚊に刺されにくい血液型があると言われていますが、

「血液型と性格の関係」と同じで、科学的根拠はなく、

蚊の吸血行動に影響を与えそうな血液型由来の物質も、現在のところ、発見されていません。

 

②体質

 

蚊は、

  1. 温度の高い所へ、
  2. 湿度などの高い所へ、
  3. 二酸化炭素の濃度の高い所へ、

向かう習性があります。

 

血を吸う相手を、探しているのです。

 

そのため、

  1. 体温が高く、
  2. 発汗量が多く、
  3. 呼吸回数の多い、

新陳代謝の激しい人は、蚊に刺されやすいです。

 

また、足のにおいを好み、

足の方に、集中する習性があります。

 

ちなみに、化粧品や香水には、蚊を引き寄せる成分が含まれていることがあります。

 

③色

 

蚊の色覚は、白黒の2色。

 

主に、濃い色を好みます。

 

つまり、

白系よりも、黒系の服を着ている方が、蚊に刺されやすいと言えます。

 

3. 蚊対策

000552

 

①水たまり
②網戸、出入り
③蚊取り線香
④虫よけスプレー
⑤音波・超音波
⑥攻撃
⑦虫刺され

 

①水たまり

 

蚊は、水たまりから、発生します。

 

くみ置きの水など、

水たまりを、なくしましょう。

 

ベランダの排水管の中など、

どうしても、水がたまってしまう場合には、

週に、1回は、清掃や、水の交換をして下さい。

(ボウフラでいる期間は、10日ほどです)

 

屋外の池には、

小型の魚を飼って、食べさせてあげるのもいいかもしれません。

(ボウフラの天敵です)

 

雨の後の、晴れた日に、蚊は、産卵しやすくなるので、注意しましょう。

 

②網戸、出入り

 

「網戸(あみど)をしていても、蚊が入ってくる」と思われる方が多いですが、

実は、網戸に穴が空いていたり、よれていない限り、蚊は侵入できないんです。

 

網目(あみめ)は、一般的なタイプで、およそ1.2mm

 

蚊は、代表的な体長で、3mm以上

 

つまり、

蚊は、網目を抜けることができないんです。

 

では、

なぜ、網戸をしていても、家で刺されることが多いのでしょうか?

 

…まず、

中途半端に開いた、「窓と窓のすり合わせの隙間」から、蚊は侵入します。

 

部屋の温度調節のためか、窓を半開きにする方が多いですが、

実は、その「隙間」から、蚊は侵入していたのです。

 

…また、

人の出入りを狙って、蚊は侵入します。

 

帰宅時や、洗濯物の出し入れのときに、

人や、服や、買いもの袋、洗濯物に、ピッタリとくっついて。

 

蚊は通常、建物の3階以上まではこないと言われていますが、

上までくることも、十分に考えられます。

 

つまり、

蚊は、網目を抜けることはできないですが、

網戸、出入りには、注意が必要なんです。

 

③蚊取り線香

 

THE 蚊対策。

 

「白花虫除菊」(しろばなむしよけぎく|除虫菊、じょちゅうぎく)の、花・茎・葉の粉末を、

糊(のり)で、固め、

棒状・渦巻き状にしたもの。

 

殺虫成分は、「ピレスロイド」(pyrethroid)

 

  • 火をつけるだけの「手軽さ」
  • 殺虫成分が、素早く広がる「速効性」
  • 薬害などのトラブルのない「安全性」

 

現在では、ほとんどが合成(化合物)で、根強い人気です。

 

パワーは、負けますが、

  • 持続時間が長く、かつ、
  • 煙も発生しない、

ピレスロイドを、電気の熱で、気化させる「蚊取りマット」「蚊取りリキッド」も、

言わずと知れた、定番です。

 

④虫よけスプレー

 

蚊は、体温・発汗・呼吸で、人間を感知します。

 

虫よけスプレーの主成分「ディート」(Deet)は、

蚊の感覚神経を麻痺させ、それらを感知できなくさせます。

 

  • 忌避剤として最も効果的で、
  • 効力も長持ちします。

 

濃度5%で、およそ90分、

濃度100%で、およそ10時間、

虫よけ効果が継続します。

 

日本では、最高で、濃度12%

 

人によっては、アレルギーや肌荒れを起こすことがあるので、注意が必要です。

 

濃度の低いものを、繰り返し、スプレーしてあげると、いいでしょう。

 

小さいお子さんには、影響が大きいので、

使いすぎないよう、説明をよく読んで、使用して下さい。

 

海外では、濃度80%以上のものもあるんだとか…。

(おすすめ、できないです)

 

夏場など、日焼け止めと併用する場合には、

日焼け止めを、最初に塗り、

その上に、スプレーしてあげて下さい。

 

蚊は、足のにおいを好み、

足の方に、集中する習性があるので、

足には、念入りに、使用しましょう。

 

蚊に接する機会から離れた後は、

速やかに、洗い落としましょう。

 

⑤音波・超音波

 

音波・超音波で、蚊をよけるグッズは、

2007年11月20日、公正取引委員会により、

「全く効果がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たる」として、

排除命令が出ています。

 

⑥攻撃

 

刺されているのに、気づいたときこそ、冷静に。

 

叩きつぶすと、蚊の「唾液」が、体内に流れ込んでしまいます。

 

弾き飛ばして、かゆみを減らしましょう!

 

でこぴんが、おすすめ。

 

吸血中に発見するなどして、逃走された場合、

産卵に必要な血液を摂取していなければ、すぐに吸血行動に移ることが多いので、

注意しましょう!

 

血を吸い終われば、蚊に「唾液」が戻りますので、

吸い終わるまで、気長に待ってみるのも、ありかもしれません。

 

その場合は、くれぐれも、逃げられないように。

 

⑦虫刺され

 

蚊に刺されたときの、かゆみやはれの正体は、

蚊の唾液によって起こる、アレルギー性の皮膚炎です。

 

蚊の唾液に対する、アレルギー反応には、

(1)蚊に刺された直後、およそ15分以内に起こる、「即時型」と、

(2)蚊に刺されてから、1日~2日後に起こる、「遅延型」の、

2種類があって、

 

年をとり、蚊に刺される回数が多くなるにつれて、

 

少ない

・乳児~幼児:「遅延型」のみ

・小学生頃:「即時型」と「遅延型」

・青年期以降:「即時型」のみ

・シニア世代:無反応

多い

 

と、

最後には、刺されても、何の反応もなくなります。

 

子供は、強い「遅延型」を起こすことが多く、

体温が高いことから、蚊に刺されやすいので、注意が必要です。

 

また、ごくまれに、

アレルギーが重篤化し、全身に蕁麻疹(じんましん)が出たり、発熱などの重い症状を引き起こすことがあります。

 

・虫刺されの薬

 

虫刺されの薬には、

(1)「即時型」に適した、抗ヒスタミン剤など、「かゆみを抑えるもの」と、

(2)「遅延型」に適した、ステロイド剤など、「炎症を抑えるもの」の、

2種類があります。

 

アレルギーのタイプによって、選ぶべき薬が異なりますので、

自分のアレルギーに合わせた薬を、選ぶようにしましょう。

 

☆おすすめ

097690

 

絆創膏(ばんそうこう)が、おすすめです。

 

赤みが広がらずに、治まってくれます。

 

刺されたところに、貼りつけちゃって下さい(・ω<)キリッ

 

おしまい

 

コメントを残す