切り花、生け花、何の花?切り花を長持ちさせる方法、コツとか

088072

 

この方法を実践すれば、

なら、10~14日

春・秋なら、7日~10日

でも、4~7日

くらいは、生け花、切り花が楽しめます。

 

1. よくある微妙な方法

092951

 

①洗剤・漂白剤
②酢
③10円玉
④砂糖
⑤サイダー
⑥延命剤

 

①洗剤・漂白剤を入れる

095188

 

洗剤・漂白剤の抗菌作用を期待してのことですが、

たいていの場合、濃すぎて失敗します。

 

大きな花瓶に、1滴が目安なので、

普通に、入れてしまうと、花が枯れてしまいます。

 

入れるとしても、水でよく薄めてからにしましょう。

 

②酢を入れる

095276

 

洗剤・漂白剤と同じです。

酢の抗菌作用を期待してのことですが、

やはり、濃すぎて失敗します。

 

入れるとしても、数滴で十分。

 

③10円玉を入れる

018525

 

銅イオンの抗菌作用を期待してのことですが

こちらは逆に、薄すぎて失敗します。

 

何枚も、入れないといけません。

 

また、金属が入るので、それなりに花瓶に傷がつくことは覚悟の上で。

 

④砂糖を入れる

118862

 

たしかに、花の栄養にはなりますが、

その分バクテリア、バイキンも増えます。

 

そのため、

他の抗菌作用のあるものと併用しないと×

 

栄養不足で、つぼみが咲きにくいときなどに、

試してみる価値はあり。

 

⑤サイダーを入れる

067108

 

①②③と同じで、炭酸水は、抗菌作用があります。

④砂糖と同じで、花の栄養にもなります。

 

つまり、⑥延命剤(以下で詳しく)のような効果があります。

 

ですが、炭酸が強すぎても、弱すぎてもダメなので、

バランスをとるのが難しいです。

 

少し、気の抜けた状態がベスト。

 

⑥延命剤

 

延命剤は、

①②③抗菌作用のあるものと、

花の栄養のあるものの、

2つで、できています。

 

延命剤の商品説明には「水換え不要」、なんて書いてありますが、

信用してはいけません。

 

栄養は、バイキンの栄養にもなります。

①②③抗菌作用と併用した④砂糖水、⑤サイダーも同じです。

 

お花のために、ちゃんと水を換えてあげましょう。

 

もちろん、延命剤自体は○

 

2. 切り花を長持ちさせる方法

093051

 

①葉やつぼみを、適度に取る
②花粉を取る
③枯れた部分を取る
④切り口部分を、切り落とす
⑤きれいな水に活ける
⑥切り花を飾ろう!

 

①葉やつぼみを、適度に取る ~水と栄養のバランスを考える~

137973

「サクラ」

  • 日本の春を象徴する花
  • サクラ全般の花言葉は、「精神の美」「優美な女性」

 

「吸う水 = 出る水」

「作る栄養 = 使う栄養」

のバランスを考えましょう。

 

根のない花は、本来吸いたい水の量を、吸うことができません。

 

すべての葉がついたままだと、

吸う水の量より、出る水の量の方が、多くなってしまいます。

「吸う水 < 出る水」

 

こうなると、花の水分が抜けやすく、

当然、お花も枯れやすくなってしまいます。

 

葉を、取ってしまいましょう。

 

ところが、一方で、

根のない花は、本来摂りたい栄養を、十分に摂ることができません。

葉のない花は、本来行いたい光合成を、十分に行うことができません。

 

つまり、

葉を取りすぎると、今度は「栄養」のバランスが悪くなってしまう、

ということです。

 

全部取ってしまうのは、まずいです。

ある程度は、残した方がいいです。

 

適度にして下さい。

 

ついでに、

咲かせることのできないような、小さなつぼみも、取ってあげましょう。

 

たくさんつぼみがついていて、

全部咲かせる栄養がないから、全部咲かせることができない、

何てことが起こってしまいます。

 

そのほか、

栄養不足、栄養の分散を避けるために、

必要に応じて、取ってあげましょう。

 

こうすることで、

「吸う水 = 出る水」

「作る栄養 = 使う栄養」

のバランスを取ることができます。

 

ちなみに、

葉の裏側に、霧吹きで、水を吹きかけることで、

「吸う水」の量を、一時的に、増やすことができます。

 

くれぐれも、花びらには、水をかけないように。

花びらは、水がかかるとシミになったり、腐りやすくなります。

 

②花粉を取る ~役目を終えた花は、枯れる~

マドンナリリー

「マドンナリリー」

  • 純潔の象徴
  • ユリ全般の花言葉は、「純粋」「無垢」「威厳」

 

花の役割は、

子孫、つまり、タネを残すことです。

 

タネを残すためには、受粉をする必要があります。

受粉をするためには、めしべに花粉をつける必要があります。

 

めしべに花粉がついたら、子孫、タネができる。

タネをつけることができれば、花の存在は、花にとっては、いらない。

 

めしべに花粉がついたら、

花は役目を終え、枯れる、

 

めしべに花粉がついたら、花が枯れるということです。

(ハイビスカス・朝顔など、もともと、1日しか咲かない花もありますが…)

 

つまり、

花粉が取れるなら、早く取ってしまった方がいいです。

 

ユリの仲間など、花粉汚れの気になる花は、

花屋さんで、すでに取ってあることが多いですが、

たいていは、まだ残っています。

 

花が咲いたときには、まだ花粉は開いていませんので、

花粉が飛ばないうちに、花粉部分をつまんで取ってしまいましょう。

 

③枯れた部分を取る ~老化は、連鎖する~

黄色の菊

「キク」

  • 日本の秋を象徴する花
  • キク全般の花言葉は、「高貴」「高潔」「高尚」

 

枯れた花や、熟した実からは、

エチレンガス、老化ホルモンが出ます。

 

このホルモンが、

若い花を枯らし、栄養をタネにまわします。

 

熟した野菜や果物が、未熟果を完熟させるように。

「朱に交われば赤くなる」ということです。

 

花を楽しみたいなら、老化ガスはない方がいい。

終わった花は、どんどん摘み取ってしまいましょう。

 

④切り口部分を、切り落とす ~「深水」「湯揚げ」「水切り」~

カンツバキ

「カンツバキ」

  • 春咲きツバキと秋咲きサザンカの交雑種
  • ツバキ全般の花言葉は、「控えめな優しさ」「誇り」

 

  1. 茎を深く、水に、1時間ほどつける「深水」(ふかみず)
  2. 茎の下部を、沸騰している湯に、20~30秒ほど浸す「湯揚げ」(ゆあげ)
  3. 花がよく水を吸うように、深い水の中で切る「水切り」(みずきり)「水揚げ」(みずあげ)

 

以上の手順を踏むのが、本当は望ましいのですが、

そこまではしなくてもいいので(本当はした方がいいのですが…)、

せめて、

 

切り口部分を、

  1. 5mm~1cm程度、切り落とし(水の中で切る必要はありません…)、
  2. 火で、さっと焼く、あるいは、
    熱湯に、10秒程度、浸す。

 

これだけで、お花が長持ちします!

 

花屋さんが「水切り」をしてから、時間が経つと、

切り口が乾いてしまいます。

 

切り口が乾くと、水を運ぶ管(くだ)が詰まり、

水がもれないかわりに、水を吸うこともできません。

 

茎を一度、切り直すのは、そのためです。

 

ポイントは、

  • バイキンが入らないようにすること、
  • 水を運ぶ管をつぶさないようにすること、
  • 水と管の接する面を大きくすること、

この3つです。

 

バイキンが入らないように、キレイなハサミで切ってあげましょう。

水を運ぶ管をつぶさないように、切れ味のいいハサミで切ってあげましょう。

水と管の接する面を大きくするために、斜めに切ってあげましょう。

 

これで、水の吸い上げが良くなります。

 

また、

火で焼いたり、熱湯に浸すのは、

茎の中の空気を追い出して、水揚げをよくするためです。

 

花の部分が湯気に当たると、悪くなってしまうので、湯気に当たらないように注意しましょう。

 

⑤きれいな水に活ける ~基本は、水です~

カーネーション6

「カーネーション」

  • 赤いカーネーションは「母への愛」を、ピンクのカーネーションは「女性への愛」を、白いカーネーションは「亡き母への愛」を
  • カーネーション全般の花言葉は、「無垢で深い愛」

 

きれいな水に、活けましょう。

花瓶の花がいたむのは、水が腐ることに大きく影響します。

これは、切り花を長持ちさせるための、最も基本的な管理です。

 

そして、きれいな水を保つためには、

定期的に、水を交換してあげましょう。

 

2、3日に、一回、

できれば、毎日、

水を交換してあげましょう。

 

このときに、

花瓶はもちろん、水につかっていた部分の茎も、よく洗って、ぬめりを落とします。

 

ついでに、

「④切り口部分を、切り落とす」の作業を、繰り返し行なっておくことが、望ましいです。

 

変色している部分があるときには、

そこは、すでに腐ってしまっていますので、

その部分を目安にします。

 

水につける部分は、

基本は、3~5cm程度。

 

浅くつけておくだけで十分です。

 

花は、呼吸をしています。

水につかった部分は、呼吸ができません。

水が多いと、その部分が、早くダメになってしまうのです。

 

このとき、

水につかる部分の葉は、すべて取り除きます。

 

葉や毛が水につかると、その部分から腐ってしまうからです。

 

しかし、これには、例外があります。

 

枝物(えだもの)・木物(きもの)、菊の仲間(特に、一本の茎に一輪の花を咲かせる「輪菊」)です。

 

これらの種は、水の吸い上げが激しいため、

少ない水では、水切れを起こしてしまいます。

 

⑥切り花を飾ろう! ~高温・多湿は避よう~

ばら

「バラ」

  • 愛と美の象徴
  • バラ全般の花言葉は、「愛」「美」

 

玄関など、冷暗所(気温が低く、直射日光の当たらない所)に、置きましょう。

 

気温が高いと、細菌が増えやすくなります。

日当たりが良すぎるのも、NGです。

 

リビングなど、暖かく明るい場所では、早く枯れることを承知の上で。

 

☆おまけ

ばら2

 

切り花を長持ちさせるために、一番重要なのは、

…花への愛(・ω<)キリッ

なんて\(^o^)/笑

 

以上、切り花を長持ちさせる方法でした。

 

END

 

2件のコメント

  • 玲香

    お〜〜〜わかりやすっ

    • 情報屋

      玲香さん、コメントありがとうございます\(^o^)/

      情報屋は、わかりやすさをモットーとしております(・ω<)キリッ

コメントを残す