電池節約術 ~切れた乾電池を復活させる方法。電池を長持ちさせる方法~

071478

 

冷蔵庫で保存しても、意味ないぞ。

昔の電池と違い、今の電池は金属外装。

保存性がぐっとアップし、冷暗所に保存するだけで良いんだ。

結露し、錆ができ、液漏れすると、

…大変なことになるぞ。

イラスト

 

 

 

 

1. 切れた乾電池を復活させる方法

095193

 

①切れた乾電池を温める ~ニギニギ~
②接点部分をこする ~ゴシゴシ~

 

①切れた乾電池を温める ~ニギニギ~

 

乾電池の原理は、化学反応(酸化反応)なので、

によって、その反応が進みます。

 

ちょっと温めると、未反応の部分が酸化して、ちょっと使えます。

 

もちろん、反応しきったら、おしまいです。

 

「復活」というよりも、

「完全に使い切る」と言ったほうが、いいのかもしれません。

 

手に握るなどして、温めて、

体温が電池に移ったら、OK。

 

温めるといっても限度があります。

ストーブなど、火元の近くで温めるのは、液漏れの起きる可能性があるのでやめましょう。

 

②接点部分をこする ~ゴシゴシ~

 

+-の接点部分の接触不良で、完全に放電しきっていないことがあります。

 

布などでこすって、接点部分のクリーニングをしてみましょう。

 

電池を入れる側も、同じようにすると、さらに効果があります。

 

☆まとめ

 

①ニギニギしながら、

②ゴシゴシすれば…

 

テレビのリモコンなど、消費電力の低い機器の場合には、結構持ちます。

 

2. 電池を長持ちさせる方法

114700

 

①使わない電池は、冷暗所で保存する
②同じ種類の電池を使用する
③電池が切れたら、全部交換する

 

①使わない電池は、冷暗所で保存する

 

電池を使わないときには、冷暗所(温度が低く、直射日光の当たらない場所)で保存すると良いです。

 

冷暗所で保存すると、

化学反応が抑制され、自然放電がなくなって、

電池が長持ちします。

 

冷暗所で保存していた電池を使うときには、

電池が冷えたままだと、化学反応が抑制されたままなので、

少し温めてから使うようにすると、いいでしょう。

 

10~25℃が、一番性能を発揮できるそうです。

 

②同じ種類の電池を使用する

 

マンガン電池と、アルカリ電池を、混ぜて使うと、

マンガン電池の方が、過放電となり、

寿命が短くなります。

 

③電池が切れたら、全部交換する

 

古い電池と、新しい電池を、混ぜて使うと、

古い電池の方が、過放電となり、

寿命が短くなります。

 

コメントを残す