食品包装用ラップフィルムの比較 ~ラップフィルムの起源と歴史、素材と性能~

ƒ‰ƒbƒv

 

問題です。

ラップの切り口(切れ端、引き出し口)が分からなくなりました。

A:爪でカリカリ

B:指でサワサワ

C:テープでペタペタ

答えは、このページの最後↓

イラスト

 

 

 

 

1. ラップフィルムの起源と歴史 ~ラップの歴史は、ポリ塩化ビニリデンの歴史~

051565

 

ラップフィルム(wrap film)とは、

対象を、包んだり(wrap)、覆ったりする、薄い膜(film)のことで、

 

素材がプラスチック(plastic)であることから、「プラスチックラップ」(plastic wrap)、

ぴったりくっつく(cling)ことから、「クリンラップ」(cling wrap)、「クリンフィルム」(cling film)、

主に食品(food)を包むことから、「フードラップ」(food wrap)、

などと言われています。

 

ですが、

ラップフィルムは、本来、食品包装用に開発されたものではなく、

元々は、戦争での利用を目的として開発されたものです。

 

1872年に発見された「ポリ塩化ビニリデン」(Poly-VinyliDene Chloride、PVDC|ポリ-ビニリデン クロライド)を素材に、

1933年、米国のダウ・ケミカル社のラルフ・ウイリーが開発し、

第二次世界大戦中(1939年~1945年)、

  • 蚊(か)などから身を守るために覆う、帳(とばり)、「蚊帳」(かや|蚊屋)、
  • 水虫(みずむし)から足を守るための「靴の中敷き」、
  • 銃や弾丸を湿気から守るための「包装フィルム」、

などに利用されました。

 

Print

 

戦後(1945年~)は、

ナチュラルチーズをはじめ、

食品を包装するための様々な改良が行われ、

1955年、米国のダウ・ケミカル社で、食品包装用ラップ「サランラップ」(saran wrap)が開発されます。

 

日本では、

1960年の呉羽(くれは)社の「クレラップ」、

同年の旭化成(あさひかせい)社とダウ・ケミカル社の「日本のサランラップ」、

 

その後は、冷蔵庫や電子レンジの普及により、

  • 冷蔵庫での保存や、
  • 電子レンジでの調理など、

現在では、私たちの生活とは切り離せない存在となっています。

 

2. ラップフィルムの素材と性能 ~ラップの違いは、素材と性能の違い~

食品包装用ラップフィルムの比較

他素材ラップとの性能比較|サランラップ®|商品紹介|旭化成ホームプロダクツ

 

日本の家庭用ラップフィルムには、主に、

①ポリ塩化ビニリデン

②ポリエチレン(Poly-Ethylene、PE)

③ポリ塩化ビニル(Poly-Vinyl Chloride、PVC|ポリ-ビニール クロライド)

④ポリメチルペンテン(Poly-MethylPentene、PMP)

の4種類の素材が利用されていて、

 

それぞれ、

  • 引張弾性(ハリコシ性)、
  • 密着性(くっつき性)、
  • バリア性、
  • 耐冷熱性、
  • カット性、
  • 透明性、

など、その性能が異なります。

 

・密着性(くっつき性) ~分子間力の大小~

 

ラップが張り付くのは、

「静電気」というよりも、

分子と分子の間に働く力「分子間力」(ぶんしかんりょく、intermolecular force)によるもので、

 

ラップの表面は平らで、より密着して、分子間力が働くので、

ラップ同士がくっつくと、「張り付いてとれない」、

なんてことが起こってしまうのです。

 

①ポリ塩化ビニリデン:

②ポリエチレン:小

③ポリ塩化ビニル:中

④ポリメチルペンテン:小

 

 ①ポリ塩化ビニリデンは、密着性が大きいぞ!

 

・バリア性 ~分子間隙の広狭(こうきょう)~

 

分子の隙間が狭いと、乾燥や匂いの漏れが少なく、逆に、

分子の隙間が広いと、通気性があって、野菜などの呼吸を妨げない、というメリットがあります。

 

酸素バリア性

 

①ポリ塩化ビニリデン:

②ポリエチレン:広

③ポリ塩化ビニル:広

④ポリメチルペンテン:広

 

水分バリア性

 

①ポリ塩化ビニリデン:狭

②ポリエチレン:狭

③ポリ塩化ビニル:広

④ポリメチルペンテン:広

 

 ①ポリ塩化ビニリデンは、バリア性が狭いぞ!

 

・耐冷熱性 ~破れない~溶けない(-60℃~180℃)~

 

冷凍庫の中(普通は、およそ-20℃)から、沸騰した熱湯(100℃)が直接触れるような状況までは、問題なく利用できますが、

長期間の冷凍や、超低温フリーザー(-60℃とか)で、破れたり、

電子レンジで、油分の多い食品(150℃とか)に直接触れて、溶けてしまう場合があります。

 

①ポリ塩化ビニリデン:-60℃~140℃

②ポリエチレン:-60℃~110℃

③ポリ塩化ビニル:-60℃~130℃

④ポリメチルペンテン:-30℃~180℃

 

 レンジで温めるときには、ラップを油分の多い食品に直接つけないほうがいいぞ!

 

☆まとめ

ƒ‰ƒbƒv

 

①ポリ塩化ビニリデンは、そのほか、

  • 引張弾性(ハリコシ性)、
  • カット性、
  • 透明性、

など、多くの点で優れていますが、

値段が、他の素材の製品より、高いです。

 

②ポリエチレンは、

性能が、他の素材の製品に劣りますが、

値段が、他の素材の製品より、安いです。

 

③ポリ塩化ビニルは、

収縮性が強く、よく伸び縮みするため、

業務用ラップとして、飲食店やスーパーで使われることが多いです。

 

④ポリメチルペンテンは、

ダイオキシンについての理解の浅い、1990年代の、

塩素系プラスチック(①③等)のダイオキシン(およそ300℃~500℃で発生)を背景に、

非塩素系プラスチック(②等)の需要から、

「非塩素系プラスチックで、しかも耐熱性の高いラップ」として、商品化されたものです。

 

ですが、

「モルモットだけが、ダイオキシンに敏感だった」(人間に、ダイオキシンはほとんど効かない)という事実と、

プラスチックごみ処理の改善で、

現在では、180℃の耐熱性だけが売りとなっています。

 

以上、食品包装用ラップフィルムの比較でした。

 

問題の答えは、「C:テープでペタペタ」です。

「A:爪でカリカリ」すると、ラップが何重にも傷ついてしまいます。

「B:指でサワサワ」すると、静電気が発生して、かえって厄介なことに。

そこでメーカーでは、「C:テープでペタペタ」を推奨しています。

セロハンテープがないときには、値札シールとか剥がして、ペタペタしちゃうといいかもしれません(笑)

イラスト

 

 

 

 

おしまい

 

コメントを残す