満腹、空腹、食の福!好物で別腹が作られる!お腹を空かすと若返る!

naguchan

なぐちゃん倶楽部 〜乳がん・乳房再建・ごぼう茶・アンチエイジング〜

 

空腹で若返るのは本当です。

昭和30年(1955年)生まれの、若返りのカリスマ、南雲吉則(なぐもよしのり)さん。

通称「なぐちゃん」です(笑)

サーチュイン遺伝子やゴボウ茶には、少し疑問が残りますが、空腹で若返るのは本当です。

イラスト

 

 

 

 

1. 食欲、満腹の仕組み

Hypothalamus

「視床下部」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)

 

私たちの体は、

  • 胃腸などの「消化管」(しょうかかん|食べ物を消化する一本の管〈くだ〉)
  • 血液中のブドウ糖の濃度「血糖値」(けっとうち)
  • アミノ酸
  • 血液中の脂肪酸の濃度
  • 咀嚼(そしゃく|食べ物を噛むこと)
  • 体脂肪
  • 運動
  • 睡眠
  • 記憶
  • 思考
  • 外界からの情報

といった、様々な要因から、

 

ホルモンなどの「神経伝達物質」(neuro-transmitter|神経系を経路として、体内の情報を伝達する物質)を分泌し、

 

脳の視床下部(ししょうかぶ、hypothalamus|本能や情動の中枢)にある「食の二元中枢」、

①摂食中枢(せっしょくちゅうすう、feeding center|食欲中枢)
②満腹中枢(まんぷくちゅうすう、satiety center)

を刺激し、

 

①食欲(appetite)
②満腹感(satiety)

をコントロールしています。

 

①摂食中枢と②満腹中枢、

①食欲と②満腹感は、互いに影響し合っており、

食欲、満腹の仕組みは、非常に複雑です。

 

食欲と神経伝達物質

(※  は、それぞれ、食欲の促進と抑制を意味しています)

 

・主に「消化管」に関係している

 主に胃から分泌され、成長ホルモンの分泌にも関係している「グレリン」(ghrelin)

(※グレリンは、現代医学で、唯一、脳外からでも食欲促進に作用することで知られています)

 

・主に「血液」に関係している

 すい臓のα細胞から分泌され、血糖値を上げる「グルカゴン」(glucagon)

 すい臓のβ細胞から分泌され、血糖値を下げる「インスリン」(insulin)

 主に小腸から分泌され、これらをコントロールする「インクレチン」(incretin)

 

・主に「咀嚼」に関係している

 必須アミノ酸である「ヒスチジン」から合成される、脳内の「ヒスタミン」(histamine)

 精神を安定させる、脳内の「セロトニン」(serotonin)

 

・主に「体脂肪」に関係している

 脂肪細胞から分泌される「レプチン」(leptin)

 脂肪細胞から分泌される「アディポネクチン」(adiponectin)

 

・主に「運動」に関係している

 主に小腸から分泌される「ペプチドYY」(Peputide Y Y、PYY)

 

・主に「脳」に関係している

 視床下部から分泌される「神経ペプチドY」(Neuro-Peputide Y、NPY)

 視床下部から分泌される「アグーチ関連タンパク質」(Agouti-Related Protein、AgRP)

 視床下部から分泌され、睡眠と覚醒に関係している「オレキシン」(orexin)

 ストレスに関係している「コルチゾール」(cortisol)

  意欲や集中力に関係している「ドーパミン」(dopamine)

(※食べようとすると 、食べようとしないと )

などなど

 

「食の二元中枢」を刺激する、神経伝達物質はたくさんあって、

最近になって発見されたものも少なくないです。

 

神経伝達といった「物理的な要素」、欲求や感覚といった「心理的な要素」、

そして、これらを結びつける「脳の仕組み」については、未だに不鮮明な部分が多く、

近年、その研究が活発に行われています。

 

2. 好物で別腹が作られる

084945

 

別腹(べつばら|dessert stomach、デザート・スタマック|stomachは、胃、腹)とは、

「お腹いっぱいでも、好物は入る場所が違うから、いくらでも食べられる」という、

…都合のいい言葉です(笑)

 

もちろん、人体の構造上、別の場所(腹、胃)など存在しません。

 

Digestive_system_diagram_ja_svg

消化器」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)

 

ところが、私たちの体は、満腹の状態でも、好きな食べ物なら、ある程度は食べられるようにできていることが、最近なって明らかになりました。

 

満腹の状態でも、

好きな食べ物を見たり、好きな食べ物の匂いをかいだり、脳に刺激を与えると、

①脳の視床下部から、オレキシン(orexin)という、食欲を促進するホルモンが分泌され、

②胃などの消化管の蠕動運動(ぜんどううんどう、蠕き運動〈うごめきうんどう〉、peristalsis)が活発になり、

消化中の食べ物が、十二指腸(じゅうにしちょう、duodenum|小腸の最初の部分。語源は12本の指の長さからだが、実際はそれよりもやや長く25~30cm)へ送られ、

胃に空きができ、

さらなる食べ物の摂取が可能になります。

 

これを「別腹」と称するかはともかく、

食べ物の好き嫌いは、

①食欲に関係しているだけでなく、

②満腹感にも関係している、

ということです。

 

食べる順序で、食べる総量をコントロールしよう!

030980

 

好きな食べ物を、早く食べると、

①食欲が満たされ、

②満腹感を感じやすく、

食べる総量が少なくなります。

 

逆に、

好きな食べ物を、残しておくと、

①食欲が満たされず、

②満腹感を感じにくく、

食べる総量が多くなります。

 

ですが、いずれの場合も、

さらに、好きな食べ物の刺激を受けると、別腹で、食べる総量が増え、

さらにさらに、好きな食べ物の刺激を受けると、別腹で、また食べる総量が増え、

…\(^o^)/

別腹、おそるべしです。

 

ちなみに、

糖質(炭水化物)、タンパク質、脂質(脂肪)の「3大栄養素」の内、

タンパク質が、一番、②満腹感を感じやすいそうです。

 

3. お腹を空かすと若返る

008921

 

私たちのお腹は、

何も食べずにいると、

食後、およそ6~8時間くらいで、「ぐー」っと音を鳴らすことがあります。

 

食べ物が腸に送られ、胃が空っぽになると、

十二指腸から、モチリン(motilin)という、消化管ホルモンが分泌され、

胃壁がリングのような状態になって、入口から出口に向かって、大きく波打ち、

胃から腸へと、筋肉の収縮が伝わります。

 

これを「空腹期収縮」といい、

この動きによって、空気が移動し、

「ぐー」っと音が鳴るのです。

 

これは「胃腸のお掃除」をするためで、

ジャマなものを排泄し、消化管内をキレイにするために行われます。

 

プリント

 

一方、

空腹によって刺激された胃粘膜からは、グレリン(ghrelin)という、摂食促進ペプチドが分泌され、

①②脳の視床下部に働いて、NPY/AgRP神経細胞を活性化して、食欲を促進するほか、

③脳の視床下部に働いて、成長ホルモン放出ホルモン(Growth Hormone Releasing Hormone、GHRH)神経細胞を活性化して、あるいは、

脳の下垂体(かすいたい、pituitary gland)に直接、作用して、

強力に、成長ホルモン(Growth Hormone、GH)の分泌を促進します。

 

ghrelin4

2.胃から発見された摂食亢進ペプチド:グレリン – 日本医学会

 

成長ホルモンは、主に、

①骨や筋肉などの「成長」(growth)と、

②血糖値や体脂肪などの「代謝」(metabolism)に関係しているホルモンです。

 

成長ホルモンは、子供から大人まで、生涯にわたって必要なホルモンであり、

その分泌量は、加齢とともに減少していきます。

 

Growth Hormone

成長ホルモンとは?|成人の成長ホルモン分泌不全症

 

成長ホルモンの減少は、

  • 骨量の減少(→骨がもろくなる)
  • 筋肉量の減少(→疲れやすくなる)
  • 体毛の減少(→髪が薄くなる)
  • 体脂肪の増加〈特に、内臓脂肪の増加〉(→肥満になる〈特にスタイルが悪くなる〉)
  • 発汗量の減少(→お肌に潤いがなくなる)

など、体の機能が低下する症状、

いわゆる「老化」(ageing、senescence)の一部を担っています。

 

逆に、成長ホルモンが増加すれば、

老化の逆、

つまり「若返る」ということです。

 

お腹を空かすと、

グレリンが分泌され、

強力に、成長ホルモンが分泌され、

若返る…

 

つまり、

「お腹を空かすと、若返る」

ということです。

 

034564

 

ですが、

無理にお腹を空かせたり、空腹の状態を我慢し続けるのは、

やめて下さい。

 

若返るどころか、逆に、骨量が減少して、骨粗鬆症(こつそしょうしょう、osteoporosis)になった、

なんて話もありますので。

 

もちろん、

一日一食で、健康な方もいますし、

一日三食、食べないといけない方もいます。

 

こればかりは、個人の体質やライフスタイルに大きく関係してきますので、

一概に「一日○食がいい」、

何てことは言えません。

 

逆に、一概に言えるのは、

「食にメリハリをつけた方がいい」

ということです。

 

モチリンが、消化管をキレイにしてくれますし、

グレリンが、若返りを促進してくれます。

 

自分の食べる時期を、

自分の食べる食べないを制して、

自分だけの若さを手に入れて下さい!

 

おしまい

 

1件のコメント

  • いもすけどん@

    これを読むまでは、お腹がなると恥ずかしかったけど今は、若返ってると、心の中でニンマリするようになりました。

コメントを残す