フルーツポンチの「ポンチ」って何だ? ~フルーツポンチとは。フルーツポンチの起源と語源~

057685

 

「フルーツポンチ」を逆さから読んでみて下さい(笑)

私が最後にフルーツポンチを食べたのは、小学生の頃でしょうか。

給食のメニューに出る度に、フルーツポンチの「ポンチ」に疑問を持っていたのを覚えています。

…フルーツポンチの「ポンチ」って何だ?…

その答えを知ったのは、大人になってからです。

しかし、これには理由があります。

フルーツポンチの「ポンチ」とは、大人でしか味わうことのできないものだったからです。

イラスト

 

 

 

 

1. フルーツポンチとは

070410

 

フルーツポンチとは、

一般に、カットフルーツ、寒天やゼリーに、果汁やシロップ、炭酸水を加えたデザートを意味しますが、

本来は、ワインやリキュールといったお酒に、細かく切った果物を浮かべたカクテルを意味します。

 

給食のフルーツポンチは、本来のフルーツポンチではありません。

子供のフルーツポンチは、大人のフルーツポンチではありません。

ここに、フルーツポンチの「ポンチ」の秘密が隠されています。

 

2. フルーツポンチの起源と語源

089925

 

フルーツポンチの起源は、東京・銀座のフルーツパーラー(果物店を兼ねた喫茶店)「千疋屋」(せんびきや)にあります。

 

1923年(大正12年)、

秋が過ぎると、お客さんが減ることに頭を悩ませた「千疋屋」の二代目社長、斎藤義政さんは、

冬に客を呼べる商品として、

ヨーロッパでよく飲まれているお酒「パンチ」(punch)に、

白桃、黄桃、さくらんぼ、洋梨、パイナップル、りんごなど、数種類の果実を細かく刻んで「フルーツ」(fruit)を浮かべた、

カクテルを考案しました。

 

057685

 

本来なら、「フルーツパンチ」(fruit punch)となるはずですが、

イギリスの風刺漫画雑誌「パンチ」を語源として、日本で漫画絵が「ポンチ絵」と呼ばれるように、

「フルーツパンチ」ではなく、「フルーツポンチ」と名付けたそうです。

 

つまり、

…フルーツポンチの「ポンチ」は、大人でしか味わうことのできない「お酒」だった…

ということになります。

 

ちなみに、

元祖フルーツポンチは、アルコールが適度に含まれているため、

冬に飲むと体が温まり、大人気になったそうです。

 

おしまい

 

コメントを残す