Microsoftの最新版のOfficeが無料で使える!「Office Online」(オフィス・オンライン)

Office Online☆

 

仕事などで利用する機会の多いオフィス系ソフト。

 

現在、様々なメーカーがオフィス系ソフトを出していますが、ほとんどの人が「Microsoft Office」(マイクロソフト・オフィス)で文書を作成しています。

 

これまでは、数万円払って製品版を購入するか、不安定な互換ソフトを利用する人がほとんどでしたが、

近年、ネットで、オンライン版を利用する人が増えています。

 

Word Online

 

2011年6月から正式に提供されてきた「Office Web Apps」は、2014年2月、「Office Online」(オフィス・オンライン)として生まれ変わり、

一般的なOfficeの機能はもちろん、

  • リアルタイム共同編集
  • Word、Excel、PowerPointテンプレート

などの機能が追加にされ、より便利に、一層使いやすくなりました。

 

Office Onlineと、その作成したファイル保存先である「OneDrive」(ワンドライブ)

 

いずれも、 Microsoftアカウントに登録するだけで、利用できますので、

利用したことのない方は、ぜひ、試してみることをおすすめします。

 

(※但し、Office Onlineは、個人利用が前提で、ビジネス利用では、Office 365のライセンスを購入する必要がございます)

 

Office Online

Office Online

 Office Online

 

Office Onlineは、Microsoftの提供するクラウドサービス(ネットのサービス)のひとつです。

 

製品版の基本的な機能が使えるだけでなく、操作性もほとんど同じ。

 

製品版との互換性もあり、デスクトップ、ブラウザの両サイドで、作成、編集、共有することができます。

 

①OneDrive

OneDrive

 OneDrive

 

OneDrive(旧SkyDrive)は、Microsoftの提供するオンラインストレージ(ネットの保存先)です。

 

スマートフォン、タブレット、PCなどのあらゆるデバイスで、どこからでも、画像、動画、ドキュメントなどのファイルを、簡単に保存して共有できます。

 

Office Onlineで作成したファイルもここに保存され、あらゆるデバイスの保存先と、連携・同期することができます。

 

②Office Onlineで使えるソフト

I

家庭向け Office 製品のラインアップ

 

  • Word Online(ワード・オンライン)
  • Excel Online(エクセル・オンライン)
  • PowerPoint Online(パワーポイント・オンライン)
  • OneNote Online(ワンノート・オンライン)
  • Outlook.com(アウトルック.com)

など、Office Home and Business(オフィス・ホーム・アンド・ビジネス)相当です。

 

③Office Onlineのメリット

 

  • 無料で使える
  • ネットで使える
  • テンプレートが豊富
  • 製品版との高い互換性が期待できる

 

④Office Onlineのデメリット

 

  • ネット環境がないと使えない
  • 使える機能が限られている
  • 不具合が多い
  • 動作が重い

 

⑤Office Onlineのまとめ

 

他のユーザーと共有して、リアルタイムで共同作業を行うのに最適ですが、

単独で作業を行うには、まだまだ不向きと言えるでしょう。

 

特に、動作が重い点が気がかりでした。

 

今後に期待です。

 

コメントを残す