宗教とは。世界の宗教 ー宗教の定義と分類ー

079796

 

「信は、知を補完する」

宗教は、人類の知を補完する形で発展してきました。

宗教上の教義や呪術は、歴史的・文化的に重要な意義を持っています。

例えば、宗教上の教義は、個人ないし集団の規範(道徳ないし法)の形成に影響を与えていますし、呪術は、冠婚葬祭(かんこんそうさい)など、私たちの生活から切り離せないものとなっています。

イラスト

 

 

 

 

1. 宗教とは ー宗教の定義ー

073477

 

宗教(religion)の定義は、非常に難しいものです。

 

「宗教とは、神仏など自然を超える(超自然的な)存在を中心とする、教義(dogma)や呪術(magic)」

一般には、このように定義されています。

 

もう少し、学術的なものになると、

「宗教とは、聖(超自然)と俗(自然)を二分する、思想や観念の体系」

 

こうしてみると、宗教も命題の体系をなしており、真偽の判断の対象となるので、ある種の理論ともとれそうです。

 

ですが、宗教は超自然的な根本原理を前提としているので、証明も反証もできません。

 

そこで、

 

「宗教とは、人々によって信じられている、営みを中心とした文化現象」

宗教そのものを歴史的・文化的な事実として捉えたり、

 

「宗教とは、信じて安らぎを得ようとする心の働き」

宗教の機能的な側面に焦点を当てることが多いです。

 

ちなみに、私は、

「科学が正しいかどうかを問題にするのに対し、宗教は信じてよかったかどうかを問題にするもの」

そう思っています。

 

2. 世界の宗教 ー宗教の分類ー

宗教率

宗教率 ~全人口に占める、信者の割合・百分率~

 

上の表は、世界の宗教人口の構成比です。

 

この表から、キリスト教、イスラム教などの「ヘブライ語古文書の宗教」が半数を占めていることが分かります。

 

ヘブライ語古文書の宗教 ~3宗教の違いは、どこまで信仰するかの違い~

ヘブライ語古文書の宗教

 

ヘブライ語古文書の宗教の共通点は、「ヘブライ語古文書」の一部を、聖典(聖書)として扱っていることです。

 

ヘブライ語古文書は、上記3宗教の文化圏では、古代文明の詳細が明らかになるまで、世界最古の書として信じられていました。

 

ヘブライ語古文書は、ある種の物語を綴っていて、エンタメ性もあり、普通に文学として楽しめる内容になっています。

 

神(かみ)という創造主がいて、

天使(てんし)という使者を使い、

預言者(よげんしゃ、神の言葉を預かる者)を媒体として、人類との交信を図ろうとします。

 

そして、ヘブライ語古文書には、続編が存在します。

 

イエスの誕生(西暦)に始まる「ギリシア語古文書」と、7世紀前半の「クルアーン」です。

 

ちなみに、クルアーン(あるいはコーラン)とは、イスラム教で最後の預言者とされている、ムハンマド(あるいはモハメッド)の言葉をまとめたものです。

 

・ヘブライ語古文書

ヘブライ語古文書

 

アブラハム ~パレスチナ問題の原点~

 

ユダヤ人とアラブ人

 

パレスチナ問題とは、パレスチナ(旧カナン)の地を巡る、領土問題です。

 

ヘブライ語古文書には、

「神は、アブラハムの子孫に、パレスチナを与えた」

「ユダヤ人とアラブ人は、アブラハムの子孫である」

旨の記述があります。

 

これらをまとめると、

「パレスチナは、ユダヤ人とアラブ人の領土」ということになるはずです。

 

ところが…

ユダヤ教キリスト教では、「ユダヤ人」を正統とし、

イスラム教では、「アラブ人」を正統としています。

 

そして…

この問題は、第一次世界大戦中(1914~1918年)、イギリスの三枚舌外交によって本格化することになります。

 

  1. アラブ人と、パレスチナにおけるアラブの独立を、約束
  2. ユダヤ人と、パレスチナにおける居住地建設を、約束
  3. フランス・ロシアと、パレスチナを国際管理下にすることを、密約(※ロシア革命による新政権によって暴露)

→イギリスによるパレスチナの委任統治(1920~1948年)

→パレスチナの分割(イスラエルとパレスチナ)

→中東戦争(1948年~)

 

・ギリシア語古文書

ギリシア語古文書

 

イエス ~聖霊による懐胎~

 

聖霊による懐胎

 

処女であるはずのマリアに授かった子、イエス(あるいはイーサー)

 

彼がいったい何者かについては、議論があります。

 

キリスト教では、神と聖霊、イエスを一体として捉え、イエスを「キリスト(救世主)」として崇め、

イスラム教では、聖霊とは預言者の資格に過ぎないとし、イエスを「預言者」として位置付けます。

 

つづく

 

コメントを残す