アイスクリーム頭痛の原因と症状、仕組み、予防と対処法

005211

 

極端に冷たいものを食べたとき、頭がキーンとしますよね?

これを西洋の医学書では、Ice-cream headache(日本語でアイスクリーム頭痛。そのままです…)と紹介されており、意外と研究を行っている学者さんが多いです。

今回は、このアイスクリーム頭痛の原因と症状、仕組み、予防と対処法について、まとめてみようと思います。

イラスト

 

 

 

 

1. アイスクリーム頭痛の原因と症状

004120

 

冷たいものを急に飲み込むと、数秒後にこめかみ、側頭部に頭痛が起こります。

刺すような、脳が凍るような…。

脈うつ頭痛で、ひどいときには、数分間も頭痛が続く人がいます。

この痛みがもし数時間も続くとしたら…。

考えるだけでも耐えられないはずです。

 

2. アイスクリーム頭痛の仕組み

 

アイスクリーム頭痛の仕組みについて、各種の研究結果がありますが、ここでは代表的な2説を紹介します。

下の2説はどちらも正しく、両方が原因となり発生していると考えられています。

 

①血管膨張説
②関連痛説

 

①血管膨張説

 

口腔内(口からのどまでの空洞部分)の温度が急激に低下すると、反射で体温が上昇する。

頭に通じる血管は膨張し、一時的に血流が増大。

それにより、頭の血管に炎症が発生して、頭痛を引き起こす。

 

②関連痛説

 

冷たいものが、のどを通過することにより、のどの三叉神経(さんさしんけい)が刺激される。

このときに発生する伝達信号を脳が勘違いし、関連痛として、頭痛が発生する。

 

3. アイスクリーム頭痛の予防と対処法

044262

 

①ゆっくり食べる
②口の中を温める
③額を冷やす

 

①ゆっくり食べる

 

一気に食べるのではなく、ゆっくり、口の中で溶かして食べましょう!

…え!?

早く食べないとアイスが溶けちゃうって?

 

②口の中を温める

 

冷たいものと一緒に、温かいものを食べて、口内を温めましょう!

温度差のハーモニーが味わえるかも!?

 

③額を冷やす

 

アイスノンなど、冷たいものをおでこに当てると、頭痛が止まるそうです。

目には目を。

歯に歯を。

氷には氷を。

 

コメントを残す